サイゴンノオト

ベトナムの巻き巻き

シンチャオ! サイゴンノオトのわん吉です。

今朝はしとしと→大雨から始まり、ただいまうすく晴れ模様のサイゴンです。

最近はしとしと雨も多くて、

スコールがどっしゃーんの例年の雨季と比べると、おとなしめの今年です。

 

先日の9月14日、わん吉は代々木公園のベトナムフェスティバルに行っておりまして、

ゴイ君を発見!「ゴイ君だー!」

P4さんの出店屋台の前で、ゴイ君は小さなお子さんとお話ししていましたよ。

 goi cuon_R

炎天下のなか、ゴイ君、ご活躍お疲れさまでした!

 

さて、ベトナム語で「ゴイクン」とは生春巻きのことですが、

こちらはホーチミンの料理教室で、わん吉をはじめ参加者が巻いた「マイ・ゴイクン」たち。

恥をしのんで公開いたしますが、なかなかいびつでございます(笑)。

Exif_JPEG_PICTURE

 

巻き巻きをあなどってはいけなかったのだ、と気づくわん吉。

適度な力加減で具をまとめ、水で湿らせてぐにゃりとしている米粉の皮でロールしていくのは、

なかなか至難の業です。

 

一方で、巻き巻きに慣れているベトナム人のみなさんはやっぱりお手のもの。

どんな手つきなんでしょう?

食堂のおばさんに巻き巻きを実演していただきました!

Exif_JPEG_PICTURE

 まずは具を乗せて。ハーブもどんどん乗せちゃいます。

Exif_JPEG_PICTURE

巻き巻き開始!

具を押しつぶし過ぎず、ゆるくしすぎず、適度なまとめ方で転がします。

Exif_JPEG_PICTURE

きれいな生春巻きのできあがり!

Exif_JPEG_PICTURE

じゃーん!ハーブが山盛り。

 

この生春巻きは、カンボジア国境に近いタイニン省の名物で、

Bánh tráng phơi sương cuốnと(バイン・チャン・フォイ・スーン・クーン)といいます。

米粉の粉を一晩外に出して夜霧朝霧で湿った皮を使ったご当地ゴイクンなのです。

タイニン省にしかない薬草やハーブをたっぷり入れて、ゆで豚と、なますなどを入れて、巻き巻き。

ヘルシーな味わいで、ベトナム好きな女子には特におすすめです♪

そしてベトナムに来られたらぜひ、ベトナムの巻き巻き術を体験してみてくださいね。


山岳民族の暮らし SAPA その2

シンチャオ!「サイゴンノオト」のぴょんこです。

以前に書きました、ベトナム北部のSAPAサパについて、もう少しご紹介します!

 

サパの町でもっともにぎわう場所「サパ市場」は、モン族やザオ族の女性たちがたくさんの「布もの」を売っていました。

刺繍が施された民族衣装、バッグ、ポーチ、大きな布類…。

どのおばちゃんも「私のために買い物してちょうだい」って声をかけてきます。ご自分で染めたり、縫ったり、刺繍したりした「布もの」を売って暮らしている、カッコいい女性たち。愛らしい、ステキな笑顔がいっぱいでした。

 

1-IMG_2595

1-IMG_2596う~ん、布好きにはたまらない空間かも…。

 

こちらは、バックハー市場の光景。

華やかな民族衣装を着た女性たちが集まってきています。

1-IMG_0725

アイスクリームを食べる、花モン族の女の子たち。細いリボンや布を縫い合わせて作られた衣装は、カラフルでとっても繊細。

ぴょんこもスカートとエプロンを購入しました。ずっしりとした重さにびっくりです。

1-IMG_0738

編みカゴを背に、水牛を牽く女性。サパの女性は、働き者!

1-IMG_2634

 

花モン族の住居に、お邪魔させていただきました。

1-IMG_2639

 

大きなかまど。このお宅では、若いお母さんが朝、昼、晩と煮炊きされるそう。

1-IMG_2645

 

甕の中には、お米を発酵させたものが入っているとか。どうりで、日本酒のようなよい香りが漂っています。

何とも迫力のある土壁。 1-IMG_2646

装飾のない、素朴な住居と、華やかで精密な趣向をこらした美しい衣服。花モン族の人々に、ますます興味が募りました。

 

 


中秋節の月餅

シンチャオ! 「サイゴンノオト」のぴょんこです。

今年の中秋節は、明日9月19日ですね。日本ではススキを飾ったり、お月見団子をいただいたりしながら、月を愛でる風流な行事ですが、ここベトナムでは、少し趣が異なります。

ベトナムの中秋節は、子どものためのお祭りで、獅子舞が家々をまわったり、子どもがおもちゃを買ってもらったりする一日なのです。

また、中国由来の、お世話になった方々や親しい人に月餅を贈るというお中元のような風習があり、毎年 中秋節が近づくと、街のあちこちに「月餅屋さん」が出現します。

1-IMG_2716

大きな交差点には、たいていこんな風に、派手な黄色と赤の看板の売店が。その前を、バイクがびゅんびゅん!

1-IMG_2719

三大お菓子メーカー「NHU LAN」、「KINH DO」、「DONG KHANH」の複合店。

「MUA 1 TANG 2」って、「ひとつお買い上げにつき、ふたつ差し上げます」ってこと?ええっ?

1-IMG_2714

ファッションビルの入口には、こんなオシャレ系月餅屋さんも登場。

カメラを向けたら、ステキな店員さんがポーズしてくれました。

 

中秋節は、一年の中で、テト(旧正月)の次ににぎやかなイベントといってもよいでしょう。でも、ベトナムに暮らす日本人にとっては、あまり歓迎されていないかもしれません…。

というのも…、仕事でおつきあいのある方などからいただく、食べきれないほどの月餅。しかも日本の月餅とは随分と趣が異なるんです。

 

1-IMG_2695

布張りのすてきな箱に入った、かたちも美しいBANH TRUNG THU(月餅・MOON CAKE)。

写真の白いBANH DEOは、袋に「ティラミス」と書かれていました。ひと口いただいて見ると、むむむ?ラムネ味のお餅に、コーヒーの香りのチョコ餡?家族の感想は「ガリガリ君アイスの味!」!! 何とも不思議な、食感&香り&味のミックス感でした。

1-IMG_2705

塩漬け卵入りの黄身餡月餅は、定番中の定番。何といっても「月餅」ですから、月を孕んでいるのです。

日本の、木の実やドライフルーツがぎっしり入った黒ごま餡を期待していると、びっくりです。

「THAP CAM」というミックス味になると、卵や豚肉やフカヒレ、ベーコン…。甘い餡との組み合わせは大胆ですが、ベトナムの人々にはこのミックス味が人気とか…。

 

ベトナム料理大好き!なぴょんこや家人も、「月餅のおいしさはまだわからない。いつかわかる時がくるのだろうか」という思いが正直なところです。

 

と、そんなところへ、近所の友人からこんな「RAU CAU TRUNG  THU」(寒天ゼリー月餅)の、おすそわけが届きました!

1-IMG_2725

友人が大家さんから貰われたそうですが、何と「ドリアン餡」入り!!

甘~いコーヒーの香りとドリアンの香りの効いた、固めのパンナコッタという風情でした。

ドリアン大丈夫な我が家では、おいしくいただきましたよ! こんな月餅もあるのですね!

 

炎天下での販売にも耐え、一ヶ月以上も日持ちさせるために、どれほどの保存料をいれているのかな?という点も、食指が動かない理由のひとつでしたが、ここ数年は、シンプルな餡で、日持ちもあまりしない、大きさも程よい感じの月餅が、ホテルのペストリーショップなどで販売されるようになりました。

それを歓迎したい一方で、ベトナム月餅にはB級グルメ的な面白さを持ち続けてほしい…とも思う、勝手なぴょんこです。

 

 

 

 

 

 


Page 91 of 94 «1 ... 88 89 90 91 92 93 94 »
増田さんのベトナムレストラン日記 エミさんのつぶやき 小林さんの屋上菜園 ワァンさんダイアリー 大ちゃんのチョートイビア!
Restaurant
池袋 優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス池袋
池袋東武SPICE 12F
赤坂優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス赤坂
港区赤坂2-13-1 ルーセント赤坂 2F
有楽町 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン有楽町
有楽町イトシアB1F
新宿 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン新宿
カワノアネックス 6・7F
北千住 フォーを食べよう!
フォーハノイ
ルミネ北千住店8F
Fast Food
フォーフォー  六本木ヒルズノースタワーB1F オリジナルフォーを楽しもう!
フォーフォー
六本木ヒルズノースタワーB1F
バインミーバインミー 東京ドーム場内 グルメストリート いつでもバインミーとフォーを!
バインミーバインミー
東京ドーム場内 グルメストリート
Sister Store
フォーハノイセカンド浜松板屋町 ベトナミーズダイニング
フォーハノイセカンド
静岡県浜松市中区板屋町104-1 D'sTower 1F
↑PageTop