» VOL.104 Bún bò Huế (ブン・ボー・フエ)

ホーチミンからフエに移動して、Bún bò Huế (ブン・ボー・フエ)を食べにいきました。

Bún bò Huếの Bún(ブン)は、生ビーフン。

ブンは、米とタピオカ入りの生地を少し寝かせてから、水を沸騰させた鍋に、ところてんのように押し出して茹であげた細めで断面が丸い麺です。ツルツルもちもちした食感が特徴です。 ベトナム中部ではいろんなブン屋さんを見かけますが、ブンは他の麺よりも細くてやわらかいので、スープやタレのなじみもよく食べやすいです。

bò (ボー)は、牛・牛肉。

Huế(フエ)は、ベトナム中部都市の地名です。

Bún bò Huế (ブン・ボー・フエ)は、フエの郷土料理のひとつで、朝食として専門店や屋台で食べることができます。

bun bo hue-1

牛骨スープのコクに赤唐辛子のほどよい辛味とレモングラスの香りが食欲をそそります。トッピングは、牛肉の赤身・骨付き豚肉・蟹と豚の団子から選ぶことができ、レバーのようなものは血を熱して固めたものです。

わけぎの小口切りと白髪葱がトッピングされて、Bún bò Huế (ブン・ボー・フエ)のどんぶりが運ばれてきました。まずはそのまま食べてみて、辛味が好きな人は、ここの店では、赤唐辛子入りのヌックマムのタレを入れます。ベトナムレモンをしぼって、味をひきしめたり旨味を引き出して、好きなように味つけをします。

テーブルにある野菜とハーブのトッピングは、レタスや貝割れ大根、バナナのつぼみのスライスなどがあります。スープにひたしながら、ブンと一緒に食べるととてもおいしいです。

ca phe-2

ブン・ボー・フエを食べた後は、バイクで移動して路上カフェに寄りました。

小さなイスに座り、同じ小さなイスがテーブルになります。コップにコンデンスミルクを注いで、コーヒーフィルターでいれたブラックコーヒーが注がれて層になっています。どこもかしこも小さくてかわいい。小さなコーヒースプーンで混ぜて、ベトナム中部式の濃いコーヒーを少しずつ味わいました。

ca phe-3

 路上カフェはいつも、ゆったりとしたベトナム時間が流れています。

 

フォトグラファー 青木由希子

 

 


増田さんのベトナムレストラン日記 エミさんのつぶやき 小林さんの屋上菜園 ワァンさんダイアリー 大ちゃんのチョートイビア!
Restaurant
池袋 優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス池袋
池袋東武SPICE 12F
赤坂優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス赤坂
港区赤坂2-13-1 ルーセント赤坂 2F
有楽町 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン有楽町
有楽町イトシアB1F
新宿 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン新宿
カワノアネックス 6・7F
北千住 フォーを食べよう!
フォーハノイ
ルミネ北千住店8F
Fast Food
フォーフォー  六本木ヒルズノースタワーB1F オリジナルフォーを楽しもう!
フォーフォー
六本木ヒルズノースタワーB1F
バインミーバインミー 東京ドーム場内 グルメストリート いつでもバインミーとフォーを!
バインミーバインミー
東京ドーム場内 グルメストリート
Sister Store
フォーハノイセカンド浜松板屋町 ベトナミーズダイニング
フォーハノイセカンド
静岡県浜松市中区板屋町104-1 D'sTower 1F
↑PageTop