single.php

ベトナムの若い演奏家たち

release : 2015-10-29 category : サイゴンノオト

シンチャオ!サイゴンノオトのぴょんこです。

先日、若手アーティストが演奏するというコンサートにご招待いただいたので、

家族で行って参りました。

「KIDS FIRST ENTERPRISE」という、主にハンディのある子どもたちに車椅子を寄付して

その自立をサポートする活動をされている団体が、毎年開催されているコンサートです。

ぴょんこは、去年に続いて2回目の鑑賞となります。

 

IMG_0315

今年の会場は、ホーチミン音楽院。

ベトナムに3つある音楽大学のうちのひとつのコンサートホールです。

白い、趣ある建物に明かりが黄色く灯っています。

 

IMG_0313

「Arts&Mobility」がこのコンサートの恒例のテーマ。

コンサートが始まる1時間半前から、ロビーでは若手作家のアート作品のオークションが

開催され、ワインやビール、軽いおつまみがふるまわれます。

 

IMG_0311-001

昨年は、ドレスアップした女性がたくさんいらしていたので、

それを楽しみにしていましたが、今年はあまり見られませんでした。

 

IMG_0322

さて、コンサートが始まりました!

赤いドレスを着た女性もいます。

「From Baroque to Broadway」と題されたプログラムは、

バッハの「G線上のアリア」、

ドビュッシー「En blanc et noir」、ドヴォルザーク「ユモレスク」、

グラナドス「アンダルーサ」など、誰でも一度は耳にしたことがあるような

親しみのある曲ばかり。

 

IMG_0323

初々しいながらも聴きごたえのある演奏で、奏者の真剣な表情が魅力的でした。

ところで、今回ステージに上がっていた22人のうち、眼鏡をかけていた方が13人!

メガネ好きのぴょんこは、ついつい反応してしまいました。

ベトナムは、コンタクトレンズ派はまだ少数で、メガネ男子・メガネ女子が多いのです。

 

IMG_0324

モンティ「チャルダッシュ」を情感豊かに表現した女性。

最後に、ピアニストと「やったね!」と笑顔を交わした様子がステキでした。

 

IMG_0325

ブリティッシュカウンシルの先生が指揮をとられて、弦をつま弾くメンバーたち。

アンダーソンの「Plink Plank Plunk 」を、とても軽快に演奏されていました。

 

   IMG_0326

最後に主催者からお花が渡されます。

楽しそうに演奏する奏者たちからは、「音楽が好き」という熱い思いが伝わってきました。

若いアーティストたちにエールを送りたくなるような、ステキなコンサートでした♪