single.php

VOL.168 ディエンロック村にて-1

release : category : ベトナム〜おいしい散歩〜

ベトナム中部フエにあるディエンロック村の共同農園にいきました。田んぼと畑の風景に惹かれて、数年前から、写真を撮りはじめています。

ディエンロック村は、東南アジアで最も広いといわれるTam Giangラグーンと南シナ海につながるフエ北部フォンディエン地区にあります。

ディエンロック村の地図:Xã Điền Lộc, Huyện Phong Điền, Tỉnh Thừa Thiên Huế 
 

©yukiko aoki

ある夏の日、通りすがりに黄金色に穂を垂れる一反ほどの田んぼに、枯れてゆく蓮の姿をみつけました。水田であり蓮池でもあるユニークな風景に興味を持ちました。

数ヶ月前には、青田が風にゆられるなか蓮花が咲き、結実すれば蓮の実を採っていたと思います。蓮の実といえば、おこわや蓮の実のチェー、葉はお茶にしたり、おこわを蒸すときに包んで香りをうつしたりします。蓮根や茎は漬けものにします。
 

©yukiko aoki

一反ごと種類の異なる稲が育てられています。背丈が高いもの低いものまだ青い稲もあります。風がそよぎ、田んぼをくぐり抜けてくる清々しい香りに癒されます。
 

©yukiko aoki

畝ごとにさまざまな野菜を育てています。畝と水路が交互にあるのは、フエでみかける農風景のひとつです。雨季は洪水で水たまりになることが多く水はけをよくしています。また、乾季に暑く乾燥する日は水路から水をまくこともできます。
 

©yukiko aoki

竹製の柵(さく)に、黒い網をかけています。木陰をつくりコリアンダーを育てています。水路には水草が浮かんでいます。
 

©yukiko aoki

収穫を迎えるころの田んぼと畦。草はのびたままで青々としています。
 

©yukiko aoki

畑では、からし菜やレタス、アマランサスの赤い葉(ひゆ菜)にコリアンダー、緑豆やつる性のゴーヤにカボチャ、タロイモなど根菜も栽培しています。

アマランサスの赤い葉は、日本であまりみかけませんが、フエでは、エビ入りのスープやお浸しにして食べています。
 

©yukiko aoki

アメンボのような水生昆虫や魚が泳いでいます。農園の水まわりや草むらにも心を寄せていくと、小さな生きものたちの気配を感じます。
 

©yukiko aoki

農園のおじさんが畑仕事を終えて、鍬とバケツを持って道にでてきました。きれいな農園ですねと話しかけると、この畑は無農薬栽培だよと教えてくれました。
 

©yukiko aoki

これから川まで魚釣りに出掛けるそうです。バケツには、魚のエサにするミミズが入っていました。

ミミズは畑のなかで食べるものを探すので、土をかき混ぜてくれて空気と水がめぐるようになり、微生物が増えてふかふかの土になります。
 

©yukiko aoki

おじさんの自転車には、エコボトルがぶらさがっていました。プラスティックよりも環境にやさしいグラスのエコボトルでした。
 

©yukiko aoki

晴れやかな空のもと、自転車に乗ってさっそうと出掛けていきました。

 
 
フォトグラファー 青木由希子