ベトナム〜おいしい散歩〜

VOL.154 ハノイのバインミー屋

朝の散歩でホアンキエム湖から宿に戻ると、天秤棒のバインミー(サンドイッチ)屋が店を広げていました。

たまごの黄色があざやか。ちょうど、たまご焼きのバインミーをつくっているところです。
とろっとした半熟感にそそられます。

たまごを焼いている間に、とても手際よく、バケットにナイフで縦に切り込みを入れて、生の赤とうがらしを刻み、スライサーできゅうりを切っています。

ここまでは、ホーチミンやホイアンなどで見たことがあるつくり方ですが…。

なんと、フライパンに置かれたバケットは、ヘラでバンバンと音を立てながらプレスされます。食べものが叩かれていることに、おどろきます。

バケットは裏返され、さらにプレスされます。時々、バケットの弾力を確かめながら、表面はカリッと香ばしく焼き上げていきます。

気になる天秤棒のカゴの中は、塩・コショウ・生の赤のとうがらし・チリソース・なますに楊枝など。バインミーに入れるハーブ各種がビニールに入ってぶらさがっています。

プレスされたバケットに、ハサミを入れています。たまご焼きがたっぷり入るように広げているようです。

もうすぐ出来上がります。おいしそう〜!バケットの隅々まで丁寧にたまご焼きを入れています。スライスきゅうりが見えないくらいにたっぷりと。

バケットに具を詰めてからは、やさしくそっと、プレスします。味がしみておいしそう。

天秤棒の右側のカゴには、炭火であたためているフライパンと卵が入っています。
左側には、各種調味料とテイクアウト用のビニール袋とバケットが置いてあります。

宿のカフェテラスで、あたたかいミルクコーヒーといただきました。

ハノイのたまご焼き入りのバインミーは、オムレットのようにふわふわしていてジューシー、きゅうりでさっぱりといただけて、バケットの表面はバリっと香ばしく大満足の味わいでした。

 
 
 
  フォトグラファー 青木由希子
 


VOL.153 ホアンキエム湖にて。

ハノイ、ホアンキエム湖 -朝-

湖のほとりに火炎樹の赤い花(Hoa Phượng/ホア・フォン)が咲いています。
Hoaは「花」、Phượngは中国神話の伝説の鳥「鳳凰(ほうおう)」に名前の由来があります。
火炎樹の赤い花に、今、夏いちばんの暑さが来ていることを感じて、湖面からの風をうけてしなやかに揺れる葉に涼をおぼえます。

ホアンキエム湖 (Hồ Hoàn Kiếm)は、かつては紅河とつながっていて、紅河が何度も氾濫をくりかえしてつくられた湖のひとつだそうです。

大きなガジュマルの樹の下で、のんびり語らうお母さんたち。
ホアンキエム湖周辺は、朝から夜までいつも市民の憩いの場になっています。

湖に面したハノイ市庁舎前にて。
バイクやスクーターで、学校や仕事場へ向かう人々。
奥のポスターは、建国の父、ホー・チ・ミンさんです。

ホアンキエム湖のまわりを歩いていると、
何気ないところにお茶のグラスが置いてあることに気がつきました。

公園の掃除の合間や、郵便ポストを見にいったときに、
それぞれに仕事の手をとめて、お茶をしているのでしょう。
いれたてのお茶の色がきれいです。

布にくるまれた竹製のポットがありました。お茶を温かく保ちます。

ハノイの街なかでは、鳥かごを吊り下げているのをよく見かけます。鳥はしあわせを運んできてくれるそう。ホアンキエム湖のまわりを歩いていると、ハノイの空気に次第に馴染んでいき、しあわせな気持ちがふくらんでくるようでした。

 
 
 
  フォトグラファー 青木由希子
 


VOL.152 カフェにて。

久しぶりの投稿です。
そろそろ日差しも強くなるころ、冷たいものが欲しくなる季節になりました。
写真は、ホーチミン1区にある CAFÉ Hoàng Thị より。

席に着くとTrà sen(チャー・セン)ハス茶のアイスティーが運ばれてきます。
ベトナムでハス茶のおもてなし、うれしいですよね。アイス用に濃く抽出されていて、
ハスの香りにすっと軽やかに心がほぐれてきます。

ガラス板のアイアンテーブルの下に見えるのは、アンティークのタイル。
フランス統治時代のものと思いますが、はじめてベトナムに来たころのガイドブックに「東洋のパリ」と書いてあったのを思い出しました。フランスのコロニアル建築に街路樹が美しいホーチミン市の街並みですが、最近は、高層ビルや地下鉄の工事もあって街の様子は新しくなってきています。

このカフェは、今もフードの持ち込みが可能だったので、路上のバインミー屋さんで卵焼きのサンドイッチを買ってからお店に入りました。

ガラスのショーケースの屋台で、バインミーサンドイッチをつくっています。
卵は、黄身と白身のきれいなマーブル状になるようにふわふわに焼きます。

卵焼きに大根と人参のなますにスライスしたきゅうり、甘めでピリッと辛いチリソースがかかっています。
おもてなしのハス茶もベトナムスタイルですが、なますをサンドイッチに入れるところもベトナムらしさで、バインミーサンドイッチのおいしさの秘密でもあります。

Cà Phê sữa đá(カフェ・スア・ダー)
ベトナムでは、コーヒーのことをフランスと同じようにCà Phê(カフェ)といいます。
コーヒー豆は深煎りのフレンチロースト、コンデンスミルクを入れるのはベトナム式です。コクのあるしっかりした香りと苦味にコンデンスミルクの甘みがちょうどよくて、真夏のアイスミルクコーヒーは格別においしいです。

フランスパンもコーヒーもフランスから伝えられたものですが、みごとにベトナムの食文化となっています。

レトロで落ち着いたアートのあるカフェ。
CAFÉ Hoàng Thị(カフェ・ホァン・ティ)
33/72 Nguyễn Trung Trực, Quận 1, TP. HCM.

カフェの前には、朝食の麺屋台があり、
その先に、天秤棒のフルーツ売りが来ていました。

 

フランス植民地時代について、読みやすい記事をみつけました。
「ベトナムの歴史を知る旅、フランス植民地時代の面影残る街を歩く」(JTB)
https://www.jtb.co.jp/kaigai_guide/report/VN/2014/07/colonial-period.html

 
 
 
  フォトグラファー 青木由希子
 


Page 1 of 54 1 2 3 4 ... 54 »
増田さんのベトナムレストラン日記 エミさんのつぶやき 小林さんの屋上菜園 ワァンさんダイアリー 大ちゃんのチョートイビア! P4 アンバサダー2017
Restaurant
池袋 優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス池袋
池袋東武SPICE 12F
赤坂優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス赤坂
港区赤坂2-13-1 ルーセント赤坂 2F
有楽町 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン有楽町
有楽町イトシアB1F
新宿 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン新宿
カワノアネックス 6・7F
北千住 フォーを食べよう!
フォーハノイ
ルミネ北千住店8F
Fast Food
フォーフォー  六本木ヒルズノースタワーB1F オリジナルフォーを楽しもう!
フォーフォー
六本木ヒルズノースタワーB1F
バインミーバインミー 渋谷 東急フードショー店 大人のためのプレミアムなファストフード
バインミーバインミー
渋谷東急フードショーB1F
Sister Store
フォーハノイセカンド浜松板屋町 ベトナムダイニングバー
フォーハノイセカンド
静岡県浜松市中区板屋町104-1 D'sTower 1F
↑PageTop