ベトナム〜おいしい散歩〜

VOL.147 コー(Co)族のカイネウ ベトナム民族学博物館-1

ハノイにあるベトナム民族学博物館「BẢO TÀNG DÂN TỘC HỌC VIỆT NAM(バオ・タン・ザン・トック・ホック・ベトナム)」に行きました。旅行サイトなどのおすすめ通りすばらしい博物館でした。

ベトナムは54の民族が暮らしていて、多数民族はキン族(ベト族)、少数民族はチャム族(VOL.96)をはじめ53の民族がいます。それぞれに独特の文化風習があり、言語を持ち、民族衣装を身にまとい、お祭りではドラや太鼓を叩いたり笛を吹いたりして、歌や踊りでお祝いをします。

bao tang dan toc hoc vn-1

博物館のエントランスには、Co(コー)族の水牛の儀式につかうCây Nêu (カイネウ/縁起をかつぐポール)が展示されています。
木や竹でつくられたCây Nêu (カイネウ)は、生命感にあふれ、自然をモチーフにした細やかな装飾に魅了されます。高さが13メートルもあるので博物館では2つにわけて展示しています。

Cây Nêu (カイネウ)は、天と地をつなぐものであり、魔除けや五穀豊穣を祈ります。ベトナムの地方にCây Nêu (カイネウ)の習慣は残っていますが、Co(コー)族の儀式では水牛の命を捧げます。

bao tang dan toc hoc vn-2

Cây Nêu (カイネウ)のトップから下げられている装飾は、(私の推測も入りますが)村人の踊りとCo(コー)族が住む山脈に舞う鳥が描かれています。

bao tang dan toc hoc vn-3

Cây Nêu (カイネウ)の中段には、鳥や山をモチーフにした装飾に、御札(おふだ)にも見える細工がみられます。

bao tang dan toc hoc vn-4

Cây Nêu (カイネウ)の下段です。
白・黒・赤色の幾何学模様をひとつひとつ見上げて行くと、それぞれが欠かすことのできない存在で、Co(コー)族が自然と共に歩んできた暮らしぶりが伝わってくるようでした。

 

bao tang dan toc hoc vn-5

 

BẢO TÀNG DÂN TỘC HỌC VIỆT NAM(ベトナム民族学博物館)
8:30 〜17:30 (休館日は月曜と旧正月)
Nguyễn Văn Huyên Road, Cầu Giấy District, Hà Nội
*ハノイの中心から少し離れたところにあるため、バス・タクシーの利用をおすすめします。

http://www.vme.org.vn

 

 

フォトグラファー 青木由希子

 


VOL.146 ホー・チ・ミン(Hồ Chí Minh)

ハノイでホー・チ・ミン(Hồ Chí Minh)の大きな絵を見かけました。
平和を象徴する鳩のシルエットに、ちいさな子どもを抱いている優しいホーおじさんの絵です。

ho chi minh-1

ホー・チ・ミン(Hồ Chí Minh)は、1890年5月19日ゲアン省で生まれました。
儒学者である父親がフエ宮廷に勤務する身となり共にフエに移り住み、名門校に通いフランス語を学びます。サイゴンからフランスへと渡り、さらに様々な国で経験を積んでいきます。

参考:ホーチミンの生涯(ハノイ歴史研究会)
http://hanoirekishi.web.fc2.com/hochiminh.html

1939年に第二次世界大戦が勃発し、日本軍はインドシナへ進駐。1941年、ホー・チ・ミンは30年ぶりに祖国に戻ります。建国の父と尊ばれるホー・チ・ミンは、フランスと日本の統治から独立へと導きます。ベトナム戦争では「独立と自由ほど、尊いものはない〜Không có gì quý hơn độc lập, tự do〜」と国民に呼びかけました。

ho chi minh-2

ホーチミン廟(Lăng Chu Tịch Hô Chí Minh)
ホー・チ・ミンの亡骸が保存された状態で祀られています。廟の前には軍人が警備にあたっています。(本人は火葬にして北部・中部・南部に分骨を望んでいましたが、叶いませんでした。)

ホー・チ・ミンが人生の幕を閉じるころベトナムはとても貧しい国でした。
今のベトナムをみせてあげたいと思いを寄せる訪問者が絶えることはありません。

ホーチミン廟 Lăng Chủ tịch Hồ Chí Minh
住所:Hùng Vương, Điện Biên, Ba Đình, Hà Nội
http://bqllang.gov.vn

 

フォトグラファー 青木由希子

 


VOL.145 ハノイ散歩 –ささやかな旅の楽しみ-

ハノイの旧市街を歩いていて、店の戸板とベトナム語に目がとまりました。戸板は店のシャッター(雨戸)のような役割で縦に並べてあります。ベトナム中部にあるホイアンの町屋の店では、戸板が横位置で下から一枚ずつ積み上げられているので、ハノイとホイアンの違いを見つけました。ちょっとマニアックかもしれませんが、街を散歩しながら他の地域を思い出したり、違いを見つけたりするのは、ささやかな旅の楽しみです。

sua chua-1

街路樹の緑と戸板と赤レンガがナチュラルでカフェみたいと一瞬思ったのですが、白いペンキで「SỬA CHỮA XE MÁY(スア・チュア・セー・マイ)」と書いてありました。バイクの修理屋です。

はじめはヨーグルトという意味のSữa CHUA(スア・チュア)と読みまちがえていました。声調の違いで本当の意味は、SỬA CHỮAは(修理)で、Sữa CHUAは(ヨーグルト)です。日本語で書くとどちらもスア・チュアになってしまいます。ベトナム語はムズカシイですね。

sua chua-2

このお店も古くて、黒い戸板と小さな看板に目がとまりました。
看板には、Sữa(ミルク)とĐậu Nành(大豆)で豆乳。Tào Phớ(おぼろ豆腐)と書いてあります。Dặc Biệt は(特別な、特製の)と言う意味です。

この店には「特製の豆乳とおぼろ豆腐のスイーツがあります」と案内をしています。小さいけれど遠くからもよく見える看板に感心しました。

 

フォトグラファー 青木由希子

 


Page 1 of 51 1 2 3 4 ... 51 »
増田さんのベトナムレストラン日記 エミさんのつぶやき 小林さんの屋上菜園 ワァンさんダイアリー 大ちゃんのチョートイビア! P4 アンバサダー2017
Restaurant
池袋 優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス池袋
池袋東武SPICE 12F
赤坂優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス赤坂
港区赤坂2-13-1 ルーセント赤坂 2F
有楽町 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン有楽町
有楽町イトシアB1F
新宿 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン新宿
カワノアネックス 6・7F
北千住 フォーを食べよう!
フォーハノイ
ルミネ北千住店8F
Fast Food
フォーフォー  六本木ヒルズノースタワーB1F オリジナルフォーを楽しもう!
フォーフォー
六本木ヒルズノースタワーB1F
バインミーバインミー 渋谷 東急フードショー店 大人のためのプレミアムなファストフード
バインミーバインミー
渋谷東急フードショーB1F
明治神宮球場内 バインミーを食べよう!
バインミー マジェスティック
明治神宮球場内
Sister Store
フォーハノイセカンド浜松板屋町 ベトナムダイニングバー
フォーハノイセカンド
静岡県浜松市中区板屋町104-1 D'sTower 1F
↑PageTop