サイゴンノオト

お色直しした暁の寺ワット・アルン

シンチャオ! サイゴンノオトのわん吉です。

 

サイゴンノオト9号+サイアムノオト2号も無事発行されて数週間♡
いろんな方の手に届き始めて、うれしく励みになる感想をたくさんいただいています。
ありがとうございます♪

 

左から開くサイアムノオトはわん吉の暮らすバンコクからの発信。
今回のテーマは「上を向いて歩いてみよう」にしました。
ちょっと視線を上にするだけで、いつもの見慣れた風景とは違うものが見えてくる。
そんなちょっとした発見を楽しんで、暮らしに彩りを添えてみようよ、という提案です。

 

表紙とトップページの写真は、由緒ある寺院であり、バンコクの観光名所であるワット・アルン。
バンコクを流れるチャオプラヤー川沿いにあり、早朝や夕暮れ時のシルエットが美しくて、写真でもよく紹介されている有名なお寺です。
三島由紀夫の最後の長編小説『豊饒の海』の第3巻『暁の寺』の舞台になったことでも知られています。

 

 

このワット・アルン。わん吉の知る限りずーっと改装工事の覆いがかぶさっていました。
それが最近やっと取れて、白くお色直しされた姿が現れた、というわけで、対岸から渡し舟に乗って間近に見てきました。

 

対岸から見るワット・アルン
 

 

この渡し舟でチャオプラヤー川の向こう岸へ
 

 

ワット・アルンと初対面!と思いきや、伝統衣装を着た一家の記念撮影に遭遇。
楽しそうで思わずパチリ。
 

 

その向こう、二人の護り神にはさまれて、かわいい色の施されたきれいな屋根の門がありました。
サイアムノオト2号の表紙写真です♡
 

 

門をくぐるとそびえ立つワット・アルンの仏塔。
目の前にすると「ずいぶん大きいんだ〜」とびっくり。
いつも対岸から見ているのでスケール感が違ったんですね。
お天気もよくて、青い空にそびえる寺院を見上げると、きれいな装飾が散りばめられているのを知って「はぁ〜♡」と驚きました。
 

 

その奥にある本堂も、美しい飾りが散りばめられています。
 

 

お花の模様♡
 

 

色ガラスのモザイク♡
 

 

改装工事前のワットアルンを知る人からは「白すぎて面影が。。。」と残念がる声もあるそうですが、わん吉のフレッシュな目にはまばゆく映りました。
 

 

一部ではまだ工事中です。
日差しと暑さ対策で全身を覆った姿で作業するおじさんやおばさん。
寺院の表面や装飾をひとつひとつ磨いているのかしら。頭が下がります。
そして改装工事が継続しつつも「改装したよ」とお知らせしてしまうゆるさもタイの魅力。
 

 

急な階段をよっこらしょと登り、結構な高さに足がすくむわん吉。
 

 

でも川向こうを眺めれば、王宮寺院が見えました。
 

 

こんなすてきな眺望もあったんですね♪

 

お色直ししたワット・アルン。
ぜひチャオプラヤーを渡ってそばに近づいて見上げてみてください。
ココロときめくような小さな発見がきっとあります♡

 

Wat Arun
34 Arunamarin Rd., Wat Arun, BangkokYai, Bangkok 10600
open : 7:30-17:30
fee : 50B


ベトナムで出会った人々

シンチャオ!サイゴンノオトのぴょんこです。

「サイゴンノオト」9号が出来上がりました~♪
今回もまた 右から開くと「サイゴンノオト」、左から開くと「サイアムノオト」という趣向で、
ベトナムとタイ、そして日本の記事を掲載しています。

今号から、日本で印刷となり、紙の種類や厚さも変えたので、
これまでの「サイゴンノオト」とは、少し雰囲気が変わったかと思います。
日本、ベトナム、タイで配布を始めていますので、見かけた方はぜひご覧になってみてください。
P4のベトナム料理レストランにも、置いていただいていますよ。

8号を発行してから、およそ1年。
8号を発行してじきにぴょんこは日本に帰国し、日本で慌ただしく毎日を送っている中で、
9号の制作に関わってきましたので、とても感慨深いです。

「サイゴンノオト」を作っていく中で、とても嬉しいことは、人との出会いがたくさんあることです。
今回は、桐島かれんさんがディレクションされる「ハウス オブ ロータス」の二子玉川店に
取材に行き、思いがけず かれんさんにも直接お話をうかがえ、大感激でした。
また、取材の間じゅう、ずっとお付き合いくださって、かれんさんのお店にかける情熱や美学、そして商品について丁寧に熱く話してくださったスタッフの方との出会いも、普段の日々ではまずありえないでしょう。

これまでも、「サイゴンノオト」を通じて、ベトナムで実にたくさんの方に出会うことができました。市場や路上でのお店屋さん、あちこちの建物の壁に絵を描いているアーティスト、カフェを経営する人、骨董をコレクションしている人(とても日本とご縁がある方でした)、ファッションを勉強している学生さん、お料理教室の先生、おいしいマカロンを作られる人、などなど。
ベトナムの方だけでなく国籍もいろいろで、男性も女性も、年上の人も年下の人も。数えだしたら、とめどがありません。
もともとは、どちらかといえばシャイなサイゴンノオトメンバーなのですが、記事を作りたいという思いがあれば言葉の壁も何のその、厚かましいほどに、聞きたい知りたいと行動してしまうのです。

 

 

 

 

ベトナムで出会った人々の笑顔、みんな素敵だったなあ。

これからも、たくさんの方々に出会って、「サイゴンノオト」を作っていけたらと思っています。


バンコクのブルーボトル風

シンチャオ! サイゴンノオトのわん吉@バンコクです。

 

コーヒーの産地でもあるタイではここ数年、自家焙煎カフェがブームとなって、バンコクをはじめ各地でおしゃれなお店がどんどんオープンしています。
どのお店もオーナーやバリスタやロースターたちの豆や焙煎や入れ方へのこだわりが感じられて、バンコクのカフェ散策は楽しいです。

 

そんな中でも気概を感じるカフェが「Pacamara Coffee Roasters(パチャマラ・コーヒー・ロースターズ」です。

 

 

まずお店に入った瞬間に思ったのは、「バンコクのブルーボトルだ〜」。
コンクリートとスチールのシンプルでクリーンな雰囲気。
そのなかでバリスタたちが丁寧に仕事をしている感じ。
そして働いているスタッフたちがお店に誇りを持っている感じ。

 

 

わん吉はペーパーフィルターのドリップで。
ドリップ用はエチオピアとタイとブラジルの3種類がありましたが、久々に南米風味が恋しくてブラジル!

 

 

高いスツールに座っていただきました。南米の香りがじんわりじんわり響きます。

 

 

店内では豆も販売しています。生豆から焙煎済みのものまで。

 

 

1階フロアの半分はカフェスペースで、残りの半分は焙煎所と講習会場。
コーヒーを専門に学びたいというタイの方たちが勉強していました。

 

そして2階はゆっくり過ごしたい人向け。

 

 

ランチのパスタもおいしかったです♡

 

カフェはバンコクのおしゃれエリア、トンロー。
メインストリートから1本入った路地は静かで、ずーっと長居しちゃいそうです。

 

Pacamara Coffee Roasters
66 Soi Thonglor 25, Bangkok
open : 8am-9pm


Page 1 of 77 1 2 3 4 ... 77 »
増田さんのベトナムレストラン日記 エミさんのつぶやき 小林さんの屋上菜園 ワァンさんダイアリー 大ちゃんのチョートイビア! P4 アンバサダー2017
Restaurant
池袋 優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス池袋
池袋東武SPICE 12F
赤坂優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス赤坂
港区赤坂2-13-1 ルーセント赤坂 2F
有楽町 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン有楽町
有楽町イトシアB1F
新宿 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン新宿
カワノアネックス 6・7F
北千住 フォーを食べよう!
フォーハノイ
ルミネ北千住店8F
Fast Food
フォーフォー  六本木ヒルズノースタワーB1F オリジナルフォーを楽しもう!
フォーフォー
六本木ヒルズノースタワーB1F
バインミーバインミー 渋谷 東急フードショー店 大人のためのプレミアムなファストフード
バインミーバインミー
渋谷東急フードショーB1F
明治神宮球場内 バインミーを食べよう!
バインミー マジェスティック
明治神宮球場内
Sister Store
フォーハノイセカンド浜松板屋町 ベトナムダイニングバー
フォーハノイセカンド
静岡県浜松市中区板屋町104-1 D'sTower 1F
↑PageTop