サイゴンノオト

花がいっぱい

シンチャオ! サイゴンノオトのぴょんこです。

日本は、今、紫陽花がきれいですね!
季節によってさまざまな花が楽しめる日本の暮らしはいいなあと思う一方で、
時々、ベトナムで見かけた花の景色を思い出します。

ブーゲンビリア、蓮、アデニウム、アンスリウム、ねむの花、さるすべり、ノウゼンカズラ、コーヒーの花、バナナの花、ナンバンサイカチ、カエンジュ…。
旅先や出かけた先で見惚れるばかりで、どんな時期に咲くのか、どんな種類なのかはあまり覚えられませんでしたが、
南国らしい明るくはっきりした色彩の花にハッとしたことが、数えきれないくらいありました。


ベトナム中部ホイアンのホテルのブーゲンビリア。オープンなロビーの屋根を覆って咲いていました。

 


ホイアンの黄色い塀に映えるハイビスカス。

 


こちらも、ホイアンで見かけたボトルブラシ。ボトルを洗うブラシそのままのネーミングが面白いですよね!
キンポウジュともいうそうです。
こんな風に、柳の木のように風になびく姿は、めったに見かけなかったのでとりわけ目に焼き付いています。

 


こちらは、ホウガンノキ。砲丸の木です。錆びた大砲にそっくりな実がなることから、「Cannonball tree」と呼ばれ、和名もそのまま訳されたものだそうです。
ホーチミンの立派な邸宅の門の前に植えられた木ですが、幹には電光飾りが巻かれていますね。夜には、ライトアップしているのかもしれません。


そのホウガンノキの花は、何とも迫力のある色合いです。ベトナム語では、麒麟とか龍の頭と言う言葉で、呼ばれているそうです。

 


ベトナム中部の高原ダラットで見かけた花は、とても可憐な花。


多分、シャリンバイ(車輪梅)と呼ばれるバラ科の花なのではないかと思いますが…。
白とピンクの花が、かわいいです。つぼみもとってもかわいいです。

 


デュランタという、熱帯の花木だそうです。こちらも、ダラットで見かけた可憐な花です。
薄紫の花と、黄色い実との組み合わせが、印象的でした。

 


ベトナム北部の町、サパで出会ったランタナ。日本でも時々見かけますが、花の色を徐々に変化させながら咲くので「七変化」と呼ばれているのだとか。

 


そしてこちらは、コーヒーの花。くちなしのような甘い香りがします。
白い花が連なったように咲き、その後に出来た実が、赤く熟してコーヒー豆となるのです。
調べたら、コーヒーの花の開花はたった2日だけなのだとか。
知らずして、貴重な花を見られたダラットのコーヒー畑。
いつかもう一度訪ねてみたい、素敵な展望カフェもありました。

まだまだたくさんのベトナムの花々があります。また今度、ご紹介したいです。


ベトナムからのお土産

シンチャオ! サイゴンノオトのわん吉です。

 

先日、ベトナム人の友人夫婦がバンコクのわん吉宅に遊びに来てくれました。

1年半ぶりの再会で、久々に生のベトナム語も聞き(わん吉はほとんど忘れて言葉が出てきませんでしたが😅)、最近のホーチミンの様子も話してくれて、楽しい時間を過ごしました。

わん吉が先回ホーチミンを訪れてからもう2年以上。その時も「地下鉄工事がすごいなぁ」「高島屋ができてる〜」と変化に驚きましたが、最近は高層マンションもにょきにょき建ってすごいのだとか。今度行ったらびっくりすること間違いなしですね。

 

さて、今回、友人夫婦からいただいたお土産をご紹介! ベトナムスナック3種です。

 

 

上がチリをまぶしたビーフジャーキー。袋に入っているのは大判ですが、こうやって細かく裂いて食べるんだよ、と教えてもらいました。ちなみにアンドン市場の近くの有名店 Truong Muoi のものだそうです。美味!

 

白い巻物は中に干しエビが入った揚げスナック。油の匂いもなく、皮はサクサクして、中はコクがあり、美味しくてやめられません!

 

そしてお米スナックのようなものは、赤米とピーナッツを水あめでからめたベトナム版雷おこしの Keo Gao Luc Dau Phong 。口当たりが軽くて風味があって、これも止まらない!

 

ベトナムのスナックってこんなに美味しかったんだ。。。と感動が押し寄せます。名店のおいしいスナックを厳選してくれた友人夫婦に感謝です。

コップンカー!じゃなくてカームオン!

 

あぁ、ベトナムごはんを食べにホーチミンに行きたくなってきました♡ ちなみにバンコクからは空路たったの1時間ちょっとなのです✈️


ベトナム流 美味しい鶏肉の見分け方

シンチャオ!サイゴンノオトのことりんです。
今回は私がホーチミンで通った料理教室のことを書かせて頂きたいと思います!

ホーチミンで婚活女子がお料理を習う場所と言えば
Nhà Văn Hóa Phụ Nữ(婦人文化会館)。
とても大きなカルチャースクールで、料理の他にも
ダンス・裁縫・お花・メイク・ネイル・カラオケ等など沢山の習い事ができ
ここでYOGAも習っておりました。
日本人でベトナム料理研究家と名乗っている方々の多くは
ここのクラスを受講された方が多いという、老舗のカルチャースクールです。

授業は全てベトナム語。
私は日本語のできるベトナム人の友人と一緒に参加していましたが
見ているだけでも分かることも多くて、友人がいない時もなかなか楽しめました。

内容はというと、、、私が通っていた当時(8年前)は、
自分で手を動かして作るという一般的な日本の料理教室とは異なり
レシピが渡され先生が作っている様子を見ながら説明も聞くというスタイル。

時にはホテルのシェフによる創作料理のような教室もあり
この回はソースがポイントだったようで
黄色ソース(マンゴー+マヨネーズ+ヨーグルト) と
白ソース(唐辛子ペースト+マヨネーズ+ヨーグルト) の2種類でした。

お肉を重ねて立体感を出しているところは
『シェフ』と呼ばれているだけはあるなぁと感心。

色々な料理を教わりましたが、特別印象に残っているのは「美味しい鶏肉の見分け方」の講義。
魚ではなく、鶏肉の鮮度やおいしさってあまり聞いたことない!と興味津々で
注意深く(友人の通訳を)聞いていたのですが、どうも話がおかしい…。

よくよく聞いていると『生きているニワトリ』の話をしていました!!!

頭が小さく、トサカ部分はピンク色(トサカが赤だと年をとっている)。
目の動きが速く、目の色が透明。
胸の部分の肉付が良く、触ると柔らかい。
(売る直前に米等を大量に食べさせ、肉付きを良く見せていることもあるので
しっかり触って本当の肉か確かめること)
手羽先部分を持ちあげた時、下の羽根が綺麗であり、羽根を戻そうとする反応が速い。
足は黄色か黒。白は病気なので買ってはいけない。

以上を満たすのが『美味しい鶏肉』だそうです。
皆さんも、市場でお買い物のチャンスがあったら是非参考にしてみて下さいね☆


Page 1 of 85 1 2 3 4 ... 85 »
増田さんのベトナムレストラン日記 エミさんのつぶやき 小林さんの屋上菜園 ワァンさんダイアリー 大ちゃんのチョートイビア! P4 アンバサダー2017
Restaurant
池袋 優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス池袋
池袋東武SPICE 12F
赤坂優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス赤坂
港区赤坂2-13-1 ルーセント赤坂 2F
有楽町 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン有楽町
有楽町イトシアB1F
新宿 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン新宿
カワノアネックス 6・7F
北千住 フォーを食べよう!
フォーハノイ
ルミネ北千住店8F
Fast Food
フォーフォー  六本木ヒルズノースタワーB1F オリジナルフォーを楽しもう!
フォーフォー
六本木ヒルズノースタワーB1F
バインミーバインミー 渋谷 東急フードショー店 大人のためのプレミアムなファストフード
バインミーバインミー
渋谷東急フードショーB1F
Sister Store
フォーハノイセカンド浜松板屋町 ベトナムダイニングバー
フォーハノイセカンド
静岡県浜松市中区板屋町104-1 D'sTower 1F
↑PageTop