サイゴンノオト

チョロン散歩

シンチャオ!サイゴンノオトのぴょんこです。

ホーチミンには、チョロンというベトナム最大の中華街があります。

サイゴンの繁華街とはまたひと味違う、パワフルな商業の街。

今日はそんな街の風景をのんびりご紹介しましょう。

 

IMG_5230

チョロンのバスターミナル近くで見かけた「かご屋さん」です。

IMG_5234

竹を編んだもの、スチールを編んだもの。いろいろあって面白いですね。

IMG_5235

お店の中をのぞくと、奥の方まで倉庫になっていました。

青い壁に赤い御札が貼ってあります。

IMG_5243

こちらは「キャスター(車輪)屋さん」。

IMG_5251

すぐ近くの路上にも「キャスター屋さん」がありました。何だか迫力がありますね!

IMG_5246

こちらは「ホース屋さん」です。チョロンはどのお店も問屋さんなので、超!専門店です。

IMG_5252

のんびり新聞を読んでいるのは、「路上床屋さん」。何とも居心地のよさそうなお店ですね♪

IMG_5254

色鮮やかな「布屋さん」。

IMG_5262

路上の「お菓子屋さん」のショーケースです。

きれいに、たくさ~ん並んでいます。

 IMG_5288

さらに歩いていくとお寺がありました。

華人の人々は出身地別にコミュニティを作ったそうで、チョロンには皆で集まるためのお寺がいくつもあるのです。

 IMG_5265

お寺の窓は、かわいいタイルに縁どられていました。

フェンスもかわいいです!

IMG_5274

お寺の方が中に招き入れてくださいました。

色合いが愛らしいステンドグラスなど、建物も趣向が凝らされていました。

IMG_5285

そして、かわいいテーブルクロスの上にあったのは…、

IMG_5287

ココナッツの実のティーポット入れでした!楽しいお茶会が開かれているのでしょうね!


メコン川クルーズ

シンチャオ! サイゴンノオトのメーやんです。
5年以上ホーチミンに住んでいながらなかなかご縁のなかった観光の定番「メコン川クルーズ」へ。
ホーチミンから車で2時間半ほど。途中ハンモックカフェで休憩しながら、のんびりのんびり港へ向かいました。
港からは小さなボートに乗り替え、着いたそこは植物の生い茂る南国の雰囲気いっぱいの島。
さて、散策いたしましょう!
いつもスーパーや市場で目にする南国フルーツが実際に木に実っている姿をたくさん見られてさっそく興奮気味です!!!
あらためて見ると感動★たわわに実るバナナ

あらためて見ると感動★たわわに実るバナナ

 

オレンジ色が鮮やかなココナッツの実。

オレンジ色が鮮やかなココナッツの実。

 

リュウガン(竜眼)。味はライチによく似ています。

 

ザボン。ベトナム料理の定番サラダによく使われる柑橘系の果物。

ザボン。ベトナム料理の定番サラダによく使われる柑橘系の果物。

ジャックフルーツ。大きな実は太い幹からぶら下がっている姿はユーモラス。

ジャックフルーツ。大きな実は太い幹からぶら下がっている姿はユーモラス。

 

 

 

さて、これは何の木?

さて、これは何の木?

なんだっけ?思い出せないままちょっと休憩タイム。きれいにカットされたフルーツと温かいお茶が出てきました。

DSC00214_R

あ!思い出しました。ドラゴンフルーツです!果肉の色は白もありますが今回はきれいなピンク色。

↑これ。サボテン科だそうです。

↑これ。サボテン科だそうです。

 

南国フルーツだけでなく、島の人々の生活もちょっと覗き見ることができました。ベトナムの赤ちゃんはハンモックで寝るらしい…本当だ!聞いていた通り、スヤスヤお昼寝シーンを拝見できましたよ。

DSC00230_R

赤ちゃん、落ちないんだろうか?という疑問は解決。こっち向きに寝かせるのですね。なるほど!

DSC00270_R

 

続いて、メインのジャングルクルーズへと参りましょう!

船を操る女性の姿がとってもキリリと勇ましく、かっこいいんです。

DSC00242_R DSC00240_R DSC00236_R DSC00244_R

この日の流れはゆっくりでしたが川幅が狭いので行き交う時はちょっとドキドキします。

DSC00253_R

DSC00254_R

 

覆いかぶさるように生える植物からこぼれる陽の光がキラキラしていて、風がとっても心地よく、昔地理の授業で習ったあのメコン川にいるんだぁなんて舟に揺られながら考えておりました。

 

また、雰囲気いっぱいのボートで港へ戻ります。

DSC00276_R

まさにジャングルの中を小舟で進むメコン川クルーズは想像以上に楽しく、様々な果実が生き生き実る様子も見られて大満足のショートトリップ。

ホーチミンのスピード感のある活気からちょっと離れて、のんびりした時間の流れを感じることができました。

 


Maison Marouへ行ってきました♪

Chuc mung nam muoi!
ベトナムのみなさま、新年おめでとうございます!
サイゴンノオトのわん吉です。

 

サイゴンノオト8号の仕上げをしに久々にホーチミンに行った際、ずっと行きたかったMaison Marouへ行ってまいりました!

IMG_2780-r

 

Marouというのは、ベトナム発で、今や世界的に知られるようになったオーガニックチョコレートブランドです。

Marouの特徴はシングルオリジンにこだわったこと。シングルオリジンというのは原料の産地ごとに作られる製品のことです。

例えば、甲州のワインとか、新潟の日本酒とか、小豆島のオリーブオイルというように、その土地ならではの原料の風味をたっぷり楽しめるという具合。

Marouのチョコレートも、原料のカカオの産地ごとにパッケージの違う板チョコを作っています。主に産地は5つあって、ティエンヤン、ドンナイ、ラムドン、バリア、ベンチェーというもの。同じカカオでも土地によって風味は異なるので、その違いがバッチリ楽しめるのです。

tumblr_mrlyhsiiZg1rs63n2o8_r1_1280

 

4年ほど前、ホーチミンでこのチョコレートを売り始めていたフランス人のサミュエルさんとヴァンソンさんに出会い、その発想とおしゃれ度に驚いたことを思い出します。

そしてMarouのカフェもやはり期待を裏切らなかったです。旧市街のカルメット通りにあるアトリエ風の広々とした空間でした。空間を上手に使ったプレゼンテーションがまたすばらしいなと。

IMG_2785-r

 

 

チョコレートを作っている小さな工房もあって、それを眺めながらコーヒーとチョコのベストマッチを楽しむことができます。

IMG_2781-r

 

カカオの生産者たちとしっかり向き合って作るベトナムのチョコレート。自分の手に乗ったチョコレートが、どんな人たちの手を経てここにあるのかをきちんとたどっていける。安心感もあって、みんなの愛情が詰まったチョコレートはやっぱりおいしいよなぁと思うのです。

Maison Marou
167 Calmette, Nguyễn Thái Bình, Quận 1, Hồ Chí Minh


Page 1 of 65 1 2 3 4 ... 65 »
増田さんのベトナムレストラン日記 エミさんのつぶやき 小林さんの屋上菜園 ワァンさんダイアリー 大ちゃんのチョートイビア! P4 アンバサダー2016
Restaurant
池袋 優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス池袋
池袋東武SPICE 12F
赤坂優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス赤坂
港区赤坂2-13-1 ルーセント赤坂 2F
有楽町 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン有楽町
有楽町イトシアB1F
新宿 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン新宿
カワノアネックス 6・7F
北千住 フォーを食べよう!
フォーハノイ
ルミネ北千住店8F
六本木 毎日食べたいベトナムの台所
〜コンビンザンスタイル〜

ベトナムごはん ロータスパレス
EAT&DELI 六本木ヒルズノースタワーB1F
Fast Food
バインミーバインミー 渋谷 東急フードショー店 大人のためのプレミアムなファストフード
バインミーバインミー
渋谷東急フードショーB1F
明治神宮球場内 バインミーを食べよう!
バインミー マジェスティック
明治神宮球場内
Sister Store
フォーハノイセカンド浜松板屋町 ベトナムダイニングバー
フォーハノイセカンド
静岡県浜松市中区板屋町104-1 D'sTower 1F
↑PageTop