サイゴンノオト

年明けのビーチ風景

あけましておめでとうございます。
サイゴンノオトのぴょんこです。


この写真は、数年前に訪れたベトナム南部のムイネーの海岸の日の出です。
新暦のお正月を、我が家は海岸沿いの小さなホテルで過ごしたのですが、特別な出来事もなくただのんびり過ごしたこの数日間のことを、なぜかとても鮮烈に覚えています。
日が昇りはじめると、海面も空も砂浜も照らされ、眩しく輝いていました。


漁に出る船の中には、このように竹かごのまあるい船を繋いでいるものもありました。


近くで見たかご船は、ぎゅっと編まれた目の美しさや長い櫂(オール)とのバランスなど、とても存在感のある愛らしい姿。
ちなみに、この船の乗り手のお二人は、「ひとッ風呂ならぬひと海浴びよう」といった風情で泳ぎを満喫中です!


家族で浜辺に大きな穴を掘って遊んでいると、海岸近くを通り過ぎたのは、おなじみの天秤棒でイカなどの海産物やフルーツを売り歩く女性。
ベトナムらしいなぁと思って面白く思っていると、


次に通り過ぎたのは、バイクのお兄さんたち。
これまた、ベトナムならではの写真が撮れました。

浜辺で過ごした数時間のうちにも、地元の人々の海の暮らし・海辺の暮らしの様子が伝わってきて、とても面白かったです。

おかげさまでこのブログ連載も、7年目を迎えています。
いつもお読みくださり、ありがとうございます。
今年も楽しい記事をお届けできたらと思っています。


QQ(キューキュー)な台湾の魚団子スープ

シンチャオ! サイゴンノオトのわん吉@台北です。
今年もあとわずか。みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

 

さて、そんな年の暮れに、台北にいらしたらぜひ食べていただきたい、わん吉の大好きな台湾B級グルメをご紹介しましょう♡
その名は「魚丸湯(ユーワンタン)」🐟!

 

 

ご覧の通り、魚団子入りのスープです!
あっさりの優しい味のスープに浮かんだ4つの魚丸(=魚団子)。その中身はと言いますと・・・

 

 

豚ひき肉の具が入っているのでした。真っ白な魚のすり身ボールに包まれた具。
例えるなら、肉まんのような、小籠包のような。パクリといただくと濃いめの味付けがジュワリとに口の中に広がります。

真っ白いすり身ボールは、はんぺんほど柔らかくなく、かまぼこほど硬くなく、ちょうどいい感じの食感にもちもち感が加わっています。
このもちもちプリプリな食感のことを、台湾では「QQ(キューキュー)」というそうです。なんだかかわいいですね、QQ🌟
ちなみにQQの代表選手といえば、やっぱり「タピオカ」なのだとか!

さて、このお店は台北でも有名な老舗魚丸屋さんの「佳興魚丸店」。ガイドブックに登場する問屋街&ショッピングストリート「迪化街」の奥まったところにあります。

 

 

お店の脇では大きな鍋いっぱいに魚団子を茹でていて、なんとダイナミックな!

 

 

お店はいつも人でいっぱいです。バイクでふらりとやってきたおじちゃんや孫を連れた近所のおばあちゃん。おしゃれにキメたおねえさんや制服姿の男子組もいたりして、老若男女に愛されているのは一目瞭然。もちろん観光客のみなさんの姿もチョロチョロ見かけます。

お昼時などはお店のおばちゃんたちも忙しそうで、注文するのも勇気が入りますが、声をかけてみればみなさん気さく♡

店頭では大きなザルに魚団子がてんこ盛り。オーダーが入るとこれを厨房にあるスープの入った大鍋で茹でてからお碗に盛り付けていきます。

 

 

店内を見渡してみると、注文が多いのはこちらの2品。みなさん、魚丸湯と乾麺を一緒に食べています。

 

 

これは乾麺じゃないでしょ〜と思われるかもしれませんが、台湾の乾麺は乾いた麺ではなくて茹で麺。お碗に守られた麺にソースをからめて混ぜ混ぜしながらいただきます。シンプルな一品ですがこれにハマる人も多いのだそうです。

 

もちろんお持ち帰り用も販売しています。ビニール袋入りで単位は「一斤」。台湾で通用する重さの単位で600gに相当します。

先日、お持ち帰りで買った一斤入りビニール袋には、魚丸が20個ほど入っていました。もちろん食べきれないのですぐ冷凍。何回かに分けていただいています。

食べるときは沸騰したお湯に入れて、白玉団子風に浮かんできたら、念のためにもう数分茹でて「解凍済で食べてよし」というのがわん吉流。中華スープをささっと作って、魚丸を入れてセロリの千切りをパラパラかけたら一丁上がりです。

おうちでも楽しめる台湾B級グルメ、魚丸湯。今年最後のイチオシです♡

佳興魚丸店
台北市大同區延平北路二段210巷21號
Facebook
 
それではみなさん、どうぞ良い新年をお迎えください。来年もよろしくお願いいたします!

わん吉より


ホーチミンで見つけたクリスマス・グッズ

シンチャオ! サイゴンノオトのとら太です。

もうすぐクリスマスですね。
我が家もクリスマス・ツリーやグッズを飾ってクリスマスの準備を楽しんでます。
今回はホーチミンで購入したクリスマス・グッズをご紹介!

ホーチミンでは11月~12月のクリスマスの時期になると、クリスマス・バザーなどわくわくする催しがあちこちで開かれます。普段からかわいい雑貨で溢れているホーチミンですが、ツリーのオーナメントなど今の季節ならではのグッズと出会えるんですよ。

 


こちらはクリスマス・バザーで見つけたカピス貝のオーナメント。

 


ツリーライトの光を柔らかく反射してとても綺麗です。

 


こちらはクリスマスの刺繍。チャリティーバザーに出店していた刺繍屋さんで購入しました。元の図案はフランスの刺繍専門店、Le Bonheur des Dames(ル・ボヌール・デ・ダム)のオーナーであるセシル・ヴェシエールがデザインしたもの。

 


クリスマスの刺繍を額屋さんに持ち込んで額装することに!

 


壁一面に並んでいるフレームの中から好きなものを選びます。

 


さらにマットと呼ばれる厚紙パーツを選んで組み合わせます。マットはなくてもいいのだけど、額縁と作品の間に挟むことでバランスがよくなり、作品がグレードアップして見えるのです。
フレームやマット選びで迷ったらお店のスタッフに相談するのがおすすめ。スタッフの方たちは、今までたくさんの額装をしてきてる経験があるので割と適切なアドバイスをしてくれます。

とら太は深緑とオフホワイトの2枚のマットを重ねるてみることに。幅を何センチにするか迷ったのでお店の女の子にアドバイスをもらって4cm幅でオーダーしました。

 


出来上がるまでドキドキでしたがイメージ通りに出来上がって大満足!

 



よく見るとタッセルがあっちこっち向いた状態で額装されてしまってますが、そこがまたご愛嬌といいますかベトナムらしいといいますか・・☆

ちなみに裏側は釘とテープでがっしり閉じられています^^

額のサイズは45×60㎝です。
大きいのでガラスではなくアクリルガラスにしてもらって額装代は2,300円弱でした。
日本で額装するよりずっとお手軽でオススメです☆


Page 1 of 98 1 2 3 4 ... 98 »
増田さんのベトナムレストラン日記 エミさんのつぶやき 小林さんの屋上菜園 ワァンさんダイアリー 大ちゃんのチョートイビア!
Restaurant
池袋 優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス池袋
池袋東武SPICE 12F
赤坂優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス赤坂
港区赤坂2-13-1 ルーセント赤坂 2F
有楽町 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン有楽町
有楽町イトシアB1F
新宿 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン新宿
カワノアネックス 6・7F
北千住 フォーを食べよう!
フォーハノイ
ルミネ北千住店8F
Fast Food
バインミーバインミー 東京ドーム場内 グルメストリート いつでもバインミーとフォーを!
バインミーバインミー
東京ドーム場内 グルメストリート
Sister Store
フォーハノイセカンド浜松板屋町 ベトナミーズダイニング
フォーハノイセカンド
静岡県浜松市中区板屋町104-1 D'sTower 1F
↑PageTop