サイゴンノオト

ベトナム人アーティストの壁画

シンチャオ! サイゴンノオトのぴょんこです。
横浜の黄金町には、ベトナム人若手アーティストが描いた壁画があるそうです。
以前から気になっていたので、先日、見に行ってきました。

 

横浜駅から京急線に乗り、「日ノ出町駅」を降りると、大岡川と京急線路に挟まれた道沿いに、面白いアートストリートがありました。

 

高架下にすぐ目に飛び込んできたのは「黄金町アートブックバザール」。

IMG_6251
IMG_6250-001

ガラス張りの、かっこいい古書店です。アート、建築、デザイン、文芸などの本がずらりと並んでいました。

IMG_6246

頭上にも本!のユニークな展示です。

 

IMG_6254

少し歩くと、こんな素敵な壁を見つけました。帽子や傘や手袋やメガネなどがシルエットで描かれています。
5年ほど前に、フィリピンのアーティストが、鉛筆でイラストを描いてくれたものだそうです。
「よんふくcafe」という雑貨&服とカフェのお店によく似合う、あたたかなイラストでした。
少し消えかかっている絵もあるものの、鉛筆画で5年ももっているなんて驚きですね!

 

さらに歩いていくと…。あっ、ありました。見たかった壁画は、アパート風の建物の側面にありました。
IMG_6274

ちょうど、下水道管の取替工事中だったのですが、近寄って見ることができました。
ベトナム人アーティストのライヤー・ベン(Liar Ben)さんが2014年に描いた
「SUGAR CANE LADY PLOJECT」です。

IMG_6278

ライヤー・ベン [SUGARCANE LADY PROJECT]


横浜市中区黄金町エリアでアートによるまちの再生に取り組む、NPO法人黄金町エリアマネジメントセンターが主催するアートフェスティバル「黄金町バザール」が、国内外のアーティストを招聘した2014年のイベントで描かれたものだそうです。

左上に描かれた、コップを片手にした女性の姿、見覚えがありませんか?
そうです、さとうきびジュースを売る屋台「Xe Nuoc Mia」に、看板としてよく描かれている女性です。
ぴょんこもホーチミンのローカル市場の周囲などでよく目にしていましたが、残念ながら写真を撮っていませんでした。
最近はあまり見かけなくなってきているそうですが、この女性像がどうして屋台看板に描かれるようになったのか、そのイメージを追うプロジェクトの一環としてこの壁画が描かれたそうです。イベント時は、ベンさんがご自分で作った屋台を披露して、さとうきびジュースもふるまったそうですよ。
絵の中央には黄金町の黄の字、さとうきびや南国フルーツ、髷を結った人など、見ればみるほど楽しい作品です。

 

IMG_6277

IMG_6272

ライヤー・ベンさんと横浜の保育園児とのコラボ作品も展示されていました。
高架下の鋼板壁に、カラフルなフルーツたちがまるで笑っているかのようですね。

IMG_6287IMG_6286

 

このアートストリートは、ほかにもアーティストたちのスタジオやカフェなどが並んでいます。

IMG_6252

道のわきを流れる大岡川も静かに流れて、のんびりお散歩日和です。
IMG_6255

ところで、この日、ぴょんこはよいものを見かけました。
川の中に白くてまあるいものがいっぱい。何だかわかりますか?

IMG_6268

何と、クラゲがたくさん泳いでいるのでした!
海に近いからなのでしょうね。この付近では、毎年のようにクラゲが大発生しているのだそうです。

 

IMG_6292

何となく、ベトナムの路地と建物を思い出す一角。
これでイスに座ってお茶を飲む人々がいたらもっと雰囲気が出るでしょうね。

 

・黄金町エリアマネジメントセンター
横浜市中区日ノ出町2-158
http://www.koganecho.net/
今年度も夏から、「アジアの多文化性と地域コミュニティの関係性をテーマにしたバザール」が開催予定だそうです。
 


シーカー・アジア財団の「クロントイ・スラムを歩こう」

シンチャオ! サイゴンノオトのわん吉@バンコクです。

バンコクの中心部に、63万㎡のタイ最大といわれるスラムがあります。
港湾地区に沿って広がる「クロントイ」というその地区には、ひしめき合う屋根の下に10万人が暮らしています。
タイの地方から出稼ぎにやってきた人に加え、最近は隣国カンボジアやミャンマーからの出稼ぎの人たちも増えているそうです。

IMG_4687

高級ショッピングモールが建ち並ぶスクンビット地区から、ほんの1〜2㎞の場所にあるクロントイ。
以前からその場所があることを知っていたものの、「危ない場所だから」「タクシーの運転手も行きたがらないよ」という声を聞いて、なかなか気持ちは遠のいてしまっていました。

ひょんなことから先日、現地で支援活動をするシーカー・アジア財団が「クロントイ・スラムを歩こう」を企画したことを知り、さっそく参加させてもらいました。

スタートはクロントイ地区にあるシーカー・アジアのオフィスから、案内は日本人職員の吉田さんです。ボランティアの方やオフィスのタイ人スタッフに囲まれて、参加者6人がそろそろと歩き出しました。

最初に出会ったのはちびっこたちのビッグスマイル。この幼稚園には地区の子どもたちが通っているそうです。

IMG_4620

軒下の合間のバイクも行き交う細い路地を進んでいきます。わんこもウロウロ。

IMG_4643

路地脇の家々をちらちらと覗かせてもらえば、奥行きの深いテレビ完備の家もあれば、トタンをつぎはぎしただけの一間の家もあり。

IMG_4644

突然現れた空き地はゴミの山。

IMG_4635

見ないことにしようかと思ったけれど、ゴミの現実。湿地の上にバラックを建て住んでいるという現実。

IMG_4648

でもトタンの合間に見えるのはいつものバンコクの空。

IMG_4662

普通の路地裏暮らしの光景。コインランドリーもありました。

IMG_4647

お天気が良くて、洗濯日和☆

IMG_4664

つぎはぎがいっぱいの家々にはデザイン的センスを感じさせるものもしばしば。

IMG_4626
IMG_4672

クロントイの人たちの仕事。お供え物の花輪作り、バイクタクシーの運転手、手押し車の屋台売り、建築現場、リサイクルなど、日雇いが多く収入も不安定だそうです。

丁寧に花輪を作っているおばちゃん。

IMG_4663

歩いていると挨拶してくれる気さくな人たちが多くて、驚かされます。きっと、案内役の吉田さんがどれだけ人々の懐に入って活動しているかの証ですね。

この路地は、ゴミを持ってきたら植物の鉢に引き換えます、という長年の活動が実った通り。清潔で、路地のみなさんのスマイルも明るいかな。

IMG_4673

スラムに暮らすみなさんが意外にも普通であったことに驚きつつも、実際に歩いてみれば、ゴミや水など衛生面の問題があり、不法で住んでいるからこそ立ち退けと言われた時にいったいどうすればいいのかという不安も伝わります。目にはしませんでしたが麻薬の問題も大きいそうです。そして偏見や差別という壁も立ちはだかります。

ここから脱けだしたいけれど、どうしたらいいんだろう。そんなことを思いつつ暑い中を歩きました。

オフィスに戻り、吉田さんが一人の女性のお話をしてくれました。今は外交官として活躍するオラタイさんは、クロントイで育ち、母親の屋台の仕事を手伝いながら、シーカー・アジアが運営する図書館の本を全て読み、寝る間も惜しんで勉強に励んだそうです。クロントイの子どもたちの希望の星として、もっともっと世界で活躍してほしいと願いました。

「クロントイスラムを歩こう」。次回は7月5日(水)と7月20日(木)です。
お問い合わせはシーカー・アジアへ♪


美味しい!楽しい!ベトナム料理教室

シンチャオ!サイゴンノオトのとら太です。

最近ベトナム料理教室に通っているとら太。
大好きなベトナム料理を自分で作ることができたら素敵だなぁ、親しい人を招いて美味しいベトナム料理でおもてなしできたらおしゃべりも弾むはず!と通い始めました。

美味しいベトナム料理の数々、先生や他のメンバーの方たちとの情報交換、調理道具のこと、器のこと・・・新しいことを知ることは、年齢に関係なくワクワク!楽しくてすっかりハマってます♪
先生は日本語の上手なベトナム人です。

01蓮の葉包み
こちらは蓮の葉包みチャーハン。
ベトナム中部フエの宮廷料理のひとつで、蓮の実、豚肉、エビなど具がたっぷりのごちそうご飯です。ホーチミンでもきれいめなレストランなら大抵メニューにあります。蓮の花があしらわれて見た目にも美しいですね。

 

02IMG_2006
蓮の実の下ごしらえからスタート。
蓮の実はすでに芯を取り除いたものが売られていますが、たまに残っているものがあるのです。この芯は苦味があるのでひとつひとつチェックして取り除いていきます。

 

03IMG_2031
最後に蓮の葉で包んで蒸すことでとっても香り豊かになるんですよ♪

 

04IMG_2524
こんなかわいらしいお花を使ったお料理も教わりました。かぼちゃのお花です。

 

05IMG_2531
まず雌しべをひとつひとつ取り除く作業から。

かぼちゃの花の雌しべを取り除いたり、ハスの実と芯を分けたり、もやしのひげを取ったり・・・とら太にとっては気が遠くなりそうな作業ですが、下ごしらえは全て手作業!ベトナム料理の優しい繊細な味は、こういう細かな工程を丁寧に重ねていくことから生まれるのですね。

 

06IMG_2601a
お花の中にお肉を詰めて揚げたら・・

 

07IMG_2640
かぼちゃの花の豚ひき肉詰めフライの完成です。

ベトナムにはお花を使ったお料理がたくさん!
かぼちゃの花にティンリーという花のつぼみ、花にら、バナナの花などなど。お花を使ったお料理は、日本ではなかなか出会うことがなさそうなので、ホーチミンにいるうちにいろいろ楽しみたいですね♪

 

08IMG_2549
こちらもベトナムならではの食材、ヤシの新芽。
たけのこのような感じですが生で食べられます。

 

09IMG_2630a
しゃくしゃくの歯ごたえが美味しいサラダになりましたよ。

 

10IMG_2668
このフレーク状のものはココナツの実を削ったもの。

 

11IMG_8101
水を加えて絞るとココナッツミルクになるんです。割と馴染み深いココナッツミルクですが、こんな風に作られるものだとは!びっくりです。

 

12IMG_8229
絞りたての新鮮なココナッツミルクを使って作ったのは鶏のカレー。
一緒に食べるのはご飯ではありません。フランスパンなんです!
フランス領時代の影響でしょうか。ベトナムらしいですね。

 

13緑豆チェー
こちらは緑豆のチェー。
トッピングされているのはなんと昆布!
日本では出汁や料理に使われる昆布ですが、ベトナムではデザートとして食べるそうですよ。

こういう文化の違いなどレシピに書かれていないことも、先生とのおしゃべりの中で知ることができるのも料理教室の醍醐味ですね。

 

14IMG_8222
料理教室で使われる道具にも興味を惹かれます。
穴の開いたザルは鍋敷きとして使います。

 

15IMG_8071
ホーローのボウルは調理中に出るごみを捨てるためのもの。

 

16IMG_2209
こちらはペッパーミル。

市場で売られているのを見ても、どうやって使うのか、それが何なのかさえ分からないこともある調理道具を、実際に使ってみることができるのも楽しいのです。

習いたい料理はまだまだたくさん!
とら太のベトナム料理教室通いはしばらく続きそうです。


Page 1 of 70 1 2 3 4 ... 70 »
増田さんのベトナムレストラン日記 エミさんのつぶやき 小林さんの屋上菜園 ワァンさんダイアリー 大ちゃんのチョートイビア! P4 アンバサダー2016
Restaurant
池袋 優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス池袋
池袋東武SPICE 12F
赤坂優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス赤坂
港区赤坂2-13-1 ルーセント赤坂 2F
有楽町 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン有楽町
有楽町イトシアB1F
新宿 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン新宿
カワノアネックス 6・7F
北千住 フォーを食べよう!
フォーハノイ
ルミネ北千住店8F
Fast Food
フォーフォー  六本木ヒルズノースタワーB1F オリジナルフォーを楽しもう!
フォーフォー
六本木ヒルズノースタワーB1F
バインミーバインミー 渋谷 東急フードショー店 大人のためのプレミアムなファストフード
バインミーバインミー
渋谷東急フードショーB1F
明治神宮球場内 バインミーを食べよう!
バインミー マジェスティック
明治神宮球場内
Sister Store
フォーハノイセカンド浜松板屋町 ベトナムダイニングバー
フォーハノイセカンド
静岡県浜松市中区板屋町104-1 D'sTower 1F
↑PageTop