サイゴンノオト

台湾の中秋節はザボンの季節

シンチャオ! サイゴンノオトのわん吉@台北です。

 

今週末は中秋の名月。
名月を愛でるこの時期、台湾でも店先にきれいな箱入りの月餅が現れます。

ベトナムでもこの時期は月餅一色。
中華系の多いシンガポールでもタイでも月餅の贈り合いが盛んに行われます。

 

まさにアジアでは月餅合戦が繰り広げられるこの時期、台湾では贈り合うものがもうひとつあると知りました。
それは、ザボン。

 

 

大家さんから「中秋節のごあいさつのものを明日届けますよ」と連絡があり、「なにかなぁ」と楽しみにしていたところ、いただいたのがこのザボンでした。ナチュラルシェイプでかしこまらないところがおおらかな台湾風。置いてみると仲良しカップルのようでかわいいです。

ザボンは中国語では「柚子」と書いて、「ゆず」とは読まず「ヨウツ」といいます。余談ですが、こんな風に日本と台湾では同じ字でも意味の違うことがしばしばあっておもしろいなぁと思います。

 

さて翌日、中国語の先生から、台湾では中秋節といえば、①名月を愛でる ②月餅を食べる ③柚子(ザボン)を食べる ④焼肉を食べる、と教わりました。

①はわかる。
②もわかる。
③は今回知りました。
④はなぜ?
答えはこちら→30年ほど前に台湾の醤油メーカーがテレビCMで「中秋節にはみんなで焼肉をやろう!我が社のタレを使ってね」と大キャンペーンを行ったそうです。月餅とザボンに飽き気味だった台湾のみなさんがそれで焼肉に飛びついたとか。以来、中秋節には焼肉、というのがみなさんの頭に刷り込まれたようです。今年もあちこちのスーパーで中秋節向け焼肉セットが販売されていました。

 

話は戻りまして、ザボン。大家さんにザボンをいただき、中国語の先生から話を聞いたわん吉、それまで気にしていなかったザボンのことが気になってきました。市場エリアに行ってみると、なるほどザボンがいっぱい。

 

 

「甜文旦(甘いブンタン=ザボン)3粒50元!」

 

「麻豆文旦(台南市麻豆地区のブンタンは有名!)1斤39元!」 「斤」は台湾の重さを表す単位で1斤=600gです。

 

贈答用の箱に入ったザボンたち。華々しい🌟

 

派手な色の箱でおめでたい感じです🌟 ザボンの季節ですが、他の果物も盛りだくさん。台湾はまさに果物天国です。

 

たくさんのザボンが出回るこの時期は、どの家庭でも家はザボンがいっぱいなのだそうです。でもザボンは外側がシワシワになった頃の方が甘くいただけるとのこと。しばらく置いてみずみずしさがなくなってきても、中の果肉は熟しているのだ。そう思うとむしろ楽しみになります。

 

大家さんにいただいたザボン。ひとついただきましたが、思うほど酸味はなくて美味しかったです。
もうひとつはただいまシワシワ促進中。もう少し甘みを育てて楽しみにいただきたいと思っています♪

 

それではみなさん、名月を愛でる素敵な中秋節をお過ごしください♪


日本で習うベトナム料理

シンチャオ!サイゴンノオトのとら太です。

今日は8月最後の日。
朝晩は過ごしやすくなりつつあり、猛暑続きだった夏が終わろうとしてますね。

とら太はこの夏、ベトナム料理教室に行って来ました。
暑い季節にぴったりの、ハーブの香りが食欲をそそるベトナム料理を習ってきましたよ♪
ホーチミン在住中にもベトナム人の先生に習ってましたが、日本で開催されている教室の場合、日本で(身近で)手に入る材料で作るベトナム料理を教わることができるのが魅力です。

懐かしいベトナムの味が嬉しかったので、作ったお料理をご紹介しますね。

7月は「フォーだけじゃないベトナム麺料理」というレッスンで、ブンティットヌン(焼肉和え麺)を教わってきました。


ウェルカムドリンクはタマリンドジュース。
タマリンドはマメ科の木の実。東南アジアでは一般的な食材のひとつです。酸味が強く熟したものはそのまま食べたりもしますが、ジャムやお菓子、飲み物などに加工されているものを食べることが多いですね。ベトナムでは酸味のあるスープ、炒め物など料理にもよく使われています。
タマリンドの酸味は疲労回復にもぴったり。さらに鉄分、ビタミン、食物繊維も多く含んでいるので貧血予防、便秘、むくみ、美肌効果も!

日本では馴染みのないタマリンドですが、とっても栄養豊富な食材なんですよ。

 


レッスンは実習形式。みんなで手分けして調理していきます。

 


ひと品目は、レモングラスやヌクマムなどで味付けした豚肉の乗ったブンティットヌン。

 


ベトナム料理でよく使われる万能つけだれのヌクチャムをかけて、よく混ぜていただきます。
味の決め手はやはり香り豊かな香草類。この日使った香草は万能ねぎ、シソ、パクチー、スペアミント、アップルミント、あと先生がご自分で育てられているレモンバジルも。
フレッシュな香草類に甘酸っぱいなますも合わさって、香りと味のハーモニーが楽しい!
これぞベトナム料理、ですね。

 


ふた品目は海老とゴーヤの和え物。
熱帯アジア原産の野菜であるゴーヤは、ベトナムでもさまざまな調理法で食べられています。
食欲増進と夏バテの防止に役立つゴーヤは暑い夏にぴったり。

 


食後のデザートは黒ごまのチェー。
黒胡麻を使ったデザートは日本人にも親しみやすい味ですね。
ココナッツミルクの濃厚な風味に優しい甘さが美味しかったです♪

 


最後にベトナムコーヒー。

 


とら太は氷のたっぷり入ったグラスに注いでカフェスダ(冷たいミルクコーヒー)にしていただきました!

 


8月のレッスンでは「ホイアン式チキンライス」を教わりましたよ。

 


ウェルカムドリンクはBac xiu(バクシウ)というベトナム版アイスカフェオレ。
Bac xiuとはベトナム語で少しのコーヒーとか白っぽいコーヒーという意味なのだそうです。
ベトナムコーヒーの特徴であるコンデンスミルクは入ってないのですっきり!
ベトナムのカフェのメニューにもあるそうなので、甘いのは飲みたくない時におすすめです。

 


この日のメニューはホイアン式チキンライスとかぼちゃのスープ。

茹でた鶏肉とチキンスープで炊いたご飯を一緒に食べるチキンライスは、シンガポールやマレーシアにもありますし、タイ風チキンライスのカオマンガイ、ベトナム風チキンライスのコムガーなど東南アジアではポピュラーな料理です。
大抵少しのパクチーときゅうりが添えられているくらいなのですが、ホイアン式はたっぷりのお野菜と一緒に食べるのが特徴です。

 


玉ねぎと香草、なますも加えてよく混ぜ、レモンを絞ってお好みでチリソースをつけていただきます。
ホイアン式チキンライスには、オレンジ色のとろんとしたチリソースではなく豆板醤の風味に似たチリソースをつけるそうですよ。なので豆板醤で代用してます。

サラダ感覚で野菜をたっぷり食べられるのが嬉しいチキンライスです。

 


鶏肉の茹で汁を使ったかぼちゃのスープ。
鶏肉と豚ひき肉から出た旨みがしみじみ美味しいスープでした。

 


食後のデザートはシントー。
シントーとはベトナムのフローズンドリンクです。
このピンク色がかわいいシントー、何のシントーだと思いますか?

 

こちら、トマトのシントーなんです!

マンゴーやバナナのシントーは飲んだことありますがトマトは初めて!
いったいどんな味?とドキドキしながらひと口飲んでみると・・トマトと練乳の意外な組み合わせが新鮮!フルーティな甘さがとっても美味しくてあっという間に飲んでしまいました。
余分な水分で味が薄まらないようにすること、しっかり甘さをつけることがポイントのようです。

 


教室で使う食器や道具もベトナムのものを使っています。
ベトナムの空気感に浸れる料理教室、気になる方はぜひ行ってみてくださいね♪

 
ベトナムのおかって
https://okatte-vietnam.com/


ホイアンの建物

シンチャオ! サイゴンノオトのぴょんこです。
厳しい暑さが続いていますが、いかがお過ごしですか?

今回は、またまたベトナムの中部の街ホイアンについて、
そこで見かけた建造物や住居について書きたいと思います。

 


ホイアンの伝統的な平屋の家屋が、すてきなカフェとしてそのまま利用されています。木造で地面はタイルやレンガ貼り。
昼間でも薄暗いのですが、最小限の灯りで、静かで安らげる空間となっていました。

 


ホイアンでよく見かけた屋根は、薄い半円形のお皿のような瓦を重ねて並べたもの。
その隙間に緑あざやかな草や蔦が生えている様子が、とても印象的です。

 


古い町家は世界遺産に登録されたものも多く、観光チケットを購入してそうした建物に入って間近で見ることができます。
この欄干などには、のびやかで美しい意匠が凝らされていますね。
伝統的な建造物は、日本、中国、ベトナムの様式が混じりあって、独特の趣を醸し出しています。

 


こちらのベランダは、屋根の軒下飾り(鼻隠し)や扉の上の欄間、欄干など、凝った彫刻が施されています。
黄色い壁や黒味の強い木材もホイアンならではのものです。

 


カゴのランプシェード、欄間や窓、ドアのデザインなど、統一感があって素敵です。

 


夜になると、軒先のランタンに灯りがともります。
色とりどりの灯りが愛らしくて、楽しい夕食時間になりますね!


ホイアンの民家は、奥行きが深く、中庭のあるスタイルが一般的のようです。

 


ギャラリー&ショップを営んでいる民家の中庭にはこんな一角がありました。
絵を飾ったり、家具を並べたり、さりげなく植物も配して、絵になりますね!

 


中庭には、このような作り付けの祭壇のようなものがある町家も多く、植物を並べたりしています。

 


近くで見ると、陶磁器を細かく割ったものが貼られています。こうしたモザイク装飾は、ホイアンのあちこちで見られます。

 


こちらは、鮮やかな色彩が施されています。巻物を広げたものが祭壇となって、鹿、こうもり、果物、花卉など、定番のモチーフが配されています。

 


中国人街と日本人街を結んだとされる日本橋(来遠橋)の屋根には、お皿そのものを貼った装飾も見られました。
当時の日本人が掛けたとされる橋だけに、日本の印判かしらと想像するのも楽しいです♪

 


こちらは、次に紹介する寺院の屋根。繊細なモザイク装飾や、透かし瓦、雲紋など、意匠が凝らされています。
フエの王宮建築などにもこうした意匠がよく見られますが、さまざまな意味や祈りが込められているのでしょう。

 

ホイアン市場のすぐお向かいにある関公廟。関帝が祀られた、鮮やかな建物です。

 

軒下の、蓮の花をモチーフにした飾りが、かわいくて印象的でした。
右下には、中国寺院ならではの渦巻き線香が吊り下げられています。

 


ホイアンの街は、ひとくちでは言い表せない魅力がいっぱいです。
ふと歩けば、通り沿いにこんな部屋を見かけました。
重厚な天井、ミントグリーン色の壁、ベトナム風のテーブルに花柄のテーブルクロス。何ということもないけれど、ホイアンらしさに溢れたダイニングです。
小さな発見が楽しいホイアンの街。あなたならどんな発見があるでしょう?


Page 1 of 95 1 2 3 4 ... 95 »
増田さんのベトナムレストラン日記 エミさんのつぶやき 小林さんの屋上菜園 ワァンさんダイアリー 大ちゃんのチョートイビア!
Restaurant
池袋 優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス池袋
池袋東武SPICE 12F
赤坂優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス赤坂
港区赤坂2-13-1 ルーセント赤坂 2F
有楽町 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン有楽町
有楽町イトシアB1F
新宿 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン新宿
カワノアネックス 6・7F
北千住 フォーを食べよう!
フォーハノイ
ルミネ北千住店8F
Fast Food
フォーフォー  六本木ヒルズノースタワーB1F オリジナルフォーを楽しもう!
フォーフォー
六本木ヒルズノースタワーB1F
バインミーバインミー 東京ドーム場内 グルメストリート いつでもバインミーとフォーを!
バインミーバインミー
東京ドーム場内 グルメストリート
Sister Store
フォーハノイセカンド浜松板屋町 ベトナミーズダイニング
フォーハノイセカンド
静岡県浜松市中区板屋町104-1 D'sTower 1F
↑PageTop