サイゴンノオト

路線バスに乗って

シンチャオ☆サイゴンノオトのことりんです。
今日は私がベトナムでほぼ毎日乗っていた路線バスのお話をさせて頂きます。

私が通学や買い物によく利用していた路線バス。

2010年にホーチミンに到着してほどなく愛用するようになりましたが
日本語を勉強しているベトナム人女子に路線バスヘビーユーザーであることを話したら
『日本人の女の人でバスに乗る人は初めてです!!強いですね…。』
と、かなり驚かれました。

確かに、当時は日本人女性、というか外国人女性をあまり見かけませんでした。
乗り降りの際も停車せず徐行運転だったり
椅子や床がボロボロだったりするのだけれど
ほとんどのバスが冷房付きだし、当時は料金一律3000ドン(約15円)だし
ちょっとした移動には、まぁこんなものかと快適に利用していました。

それに、タクシーでは味わえない面白さがあるのも魅力♪

年長者を敬うベトナムでは、立っているお年寄りがいると必ず若者が席を譲ります。
小さい子供も大好きなので、妊婦さんや赤ちゃん連れのお母さんが乗り込むと
これまたすぐに、若者がささっと席を立つ。
良い光景だなぁ、いつまでも続いて欲しいなぁとしみじみ。

また混雑している車内で私が立っていた時
大学生くらいの女の子がニコニコしながら自分のひざを指さしていました。
何を意図しているのか、初めは分かりませんでしたが
どうやら「私の膝に座っていいよ」という意味らしい。

仲良さげに膝に座っている女の子達を何度も見かけて、お友達同士と思っていたけれど
見ず知らずの人達って場合もあったのね!!
さすがに遠慮してると、今度は自分の体を窓側に寄せて
空いたスペースに座るように勧められました。
折角なので合席させて頂き、片言のベトナム語でおしゃべりを楽しんだのも良い思い出です。

そして日本では絶対にお目にかかれないレアキャラも、たま~に登場するのです。

バス停で乗りこんできたお姉さん。
空席があるのに座らないなと思っていると、、、始まりました☆
片手にニンジン、片手に皮むき機(のようなもの)を持って
流れるようなベトナム語で話し始めます

そう、実演販売!!
少し見ずらいですが、ニンジンを持っている腕にはビニール袋がかけられていて
むいた皮がちゃんとそこに入るようになっています。

ヨーロッパの地下鉄でアコーディオン片手に乗りこんでくる
おじさんは見たことがあったけど
実演販売はベトナム以外で見たことがありません。

初めて見た時からずっと思っていたのですが
その手つき・立ち振る舞い・言葉遣い(ベトナム語なので意味は分からないけれど)
往年の(?)TVCMでおなじみ『ジャパ〇ットタ〇タ』そのものなのです

お姉さんがニンジンを取りだしたその瞬間から、私の頭の中はエンドレスで
『ジャパ〇ット ジャーパ〇ット~ 夢のジャパ〇ットタ〇タ~』

今日は寝るまでジャパ〇ットだろうなぁと薄ら笑いしてしまう私にお構いなく
路線バスは元気に進むのでした。


鎌倉のアジアンカフェ

シンチャオ! サイゴンノオトのぴょんこです。
毎日暑いですね!

今日は、鎌倉の「SÔNG BÉ CAFE ソンベカフェ」というアジアンカフェをご紹介しましょう。

鎌倉駅から徒歩3分足らずの、線路沿いにあります。広い軒先では、毎週、地元の農家さんが野菜や果物を販売されています。

 


素朴な木の床や家具の、温もりある雰囲気。気持ちのよい風が、お店の中を抜けてゆきます。

 

ベトナムコーヒーの「カフェスダ」は、ベトナムそのままのアルミフィルターと氷の入ったグラスで。
ベトナム感いっぱいです。

ベトナムのデザート「チェー」は、カラフルタピオカとバナナがたっぷり。
東南アジアの屋台ごはんも本格的なのですよ。

 


店内では、ベトナムをはじめとするアジアや鎌倉の雑貨が売られています。
店長さんは、ベトナムにもよくいらっしゃるそうです。

紙製のフルーツピック、気になります♪

 

広いテラス席からは、電車や人が行き来するのを見られます。

 

お店の名前は、素朴な陶器で有名な、ベトナム南部の町「Sông Bé ソンベ」に由来しています。
穏やかでゆったりとした時間が流れるお店は、鎌倉にぴったりですね。
地元の方々が集まるイベントも、よく催されているそうです。


ホーチミンの水道管修理

シンチャオ! サイゴンノオトのことりんです。
ベトナムに5年間住んでいたと話すと
「ベトナムでの暮らしって、どんな感じ?」と、よく聞かれます。
でも、一言じゃ語り尽くせないのがベトナム生活。
今回は、ホーチミンで遭遇した、ちょっとした家のトラブルについてご紹介。
「ベトナムに住まう」の雰囲気を感じて頂ければ幸いです!

ある日、夫と夕飯を食べていると「ガタン!」と大きな音が。
明らかにキッチンから聞こえましたが、外傷が見当たりません。
もぐもぐご飯を食べながら「お隣りさんじゃない?」と言う夫に
「そうかもねぇ」と回答しながら、何気なくシンクの下の扉を開くと…

水道管の一部がすっぽり外れ、大量の水漏れが・・・

大慌てで、日本から持ってきた大切な食材や乾物等、入れていたもの全てを避難させ
すぐにセキュリティスタッフに来てもらい、状況を説明しました。

その場で携帯から修理会社に電話をかけてくれたのですが
今日は遅いから修理に来るのは明日になるとのこと。
少しベトナム語を勉強していたので
「Ngay mai luc may gio?」(明日、何時?)と聞くと
「Buoi sang. 8 gio」(朝だよ。8時)とセキュリティのお兄さん。
電話での会話で『8時』とも『朝』とも言ってなかったよ… と不安に思っても
それを伝えられるだけの語彙力がない私は、明日を待つしかありません。

明日修理の人が来るという保障もなく、来たとしても直る保障もないので
その日は仕方なく、バスルームにある洗面台で食器を洗いました。

そして、翌朝。
一応8時まで待ってみたものの、予想通り(?)誰も来ません。
ハウスキーピング係をつかまえて事情を話すと
「オーケー!オーケー!」とすぐに修理工らしいお兄さんを連れてきてくれました。

黒い大きな鞄を持ったお兄さん。
その鞄から何を出してどうやって直すのか、ちょっとワクワクしながら見ていると…
素手でおもむろに外れた水道管をはめ込み
グググっと押しこんだり、ちょっと回したりした後で
『OK マダム!』と、とびきり爽やかな笑顔。
 

「えっ!まさかこれで直ったとか言わないよね?」
 

驚きを隠せない私を尻目に、修理のお兄さんも、ハウスキーピングスタッフも超真面目な顔で
「OK、マダム。終わった」の一点張り。
「Em nghi la ngay mai do vo lai(明日また壊れると思う)」と言っても
2人共笑って「大丈夫、大丈夫!バイバーイ」と帰ってしまいました。

そんなぁ…と思っていると、アパート完成時から住んでいる
在住歴5年目の日本人マダムに遭遇したので、事情を説明。
すると
「あぁ、あれたまに外れるから気をつけた方がいいよ~。直すのもいっつもそんな感じ~」

そのアパートには、その後も2年間住みましたが
水道管が外れたのは、あの時だけでした。
「お兄さんの素手修理は意外と捨てたモンじゃない」
ベトナム生活で学んだ教訓の1つ(?)ですが
あの黒い大きな鞄は何のために持ってきたのかという謎は、未だに解決せずです。


Page 3 of 89 «1 2 3 4 5 6 ... 89 »
増田さんのベトナムレストラン日記 エミさんのつぶやき 小林さんの屋上菜園 ワァンさんダイアリー 大ちゃんのチョートイビア! P4 アンバサダー2017
Restaurant
池袋 優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス池袋
池袋東武SPICE 12F
赤坂優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス赤坂
港区赤坂2-13-1 ルーセント赤坂 2F
有楽町 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン有楽町
有楽町イトシアB1F
新宿 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン新宿
カワノアネックス 6・7F
北千住 フォーを食べよう!
フォーハノイ
ルミネ北千住店8F
Fast Food
フォーフォー  六本木ヒルズノースタワーB1F オリジナルフォーを楽しもう!
フォーフォー
六本木ヒルズノースタワーB1F
バインミーバインミー 渋谷 東急フードショー店 大人のためのプレミアムなファストフード
バインミーバインミー
渋谷東急フードショーB1F
Sister Store
フォーハノイセカンド浜松板屋町 ベトナミーズダイニング
フォーハノイセカンド
静岡県浜松市中区板屋町104-1 D'sTower 1F
↑PageTop