サイゴンノオト

ホーチミンで朝食を

シンチャオ! サイゴンノオトのとら太です。

1年ぶりに訪れたホーチミンで絶対食べる!と決めていたもの、それはブンボーフエ。
日本ではなかなか出会うことのないとら太の大好きなベトナムの麺料理です。

ブンボーフエ
ホーチミンに到着して荷物を置いたら、早速ブンボーフエで朝ごはん♪

 


Mac Dinh Chi通りにある地元の人たちでにぎわうBUN BO HUE 31へ!

こちらのお店はお肉の種類を選んでオーダーします。

THỊT BÒ 牛肉
GÂN BÒ アキレス(牛スジ)
GIÒ HEO 豚足
THỊT HEO 豚肉
CHẢ BÒ 牛ハム
CHẢ LỤA 豚ハム
TÔ ĐẶC BIỆT ĐỦ THỨ 全部入り

とら太は牛スジが大好物なので迷わずGÂN BÒをオーダー^^

 


ブンボーフエのトッピングは、バナナの花と空芯菜の千切り、もやし、バジルが定番。
軽く茹でられてました。

 


お好みでチリとライムをプラス。
このくまちゃんのお皿、ローカルな麺料理のお店でよく出会います☆
どのお店でもこうしてライムとチリが盛られ、テーブルの上に置かれています。
ライムとチリ専用のお皿なんでしょうか??
かわいいようなそうではないような・・でも愛嬌たっぷりでなんだかほっこりします^^

 


1年ぶりに食べるブンボーフエ。
ぷりぷりつるんつるんの太麺にしゃきしゃきの野菜。
ああ、この味!牛骨と豚骨から取ったスープにレモングラスの風味がたまりません♪

 


2日目の朝ごはんは、イカのフーティウ。
Nguyen Thi Minh Khai通りにあるHu Tieu Muc Ong Gia Caliにて。
イカのフーティウもホーチミン在住中に何度も食べた大好きな麺料理です。

 


メニューは、「イカのフーティウ」と「イカと海老のフーティウ」の二択。

 


付け合わせの野菜は春菊ともやし。

 


ライムチリソースがシーフードによく合うのです。イカをちょんちょんと付けていただきましたよ。

 


この細い麺はベトナム南部でよく食べられているフーティウ(Hu Tieu)という米粉麺。半乾燥させて作られるためコシがあります。
細い麺に野菜の旨み、甘みが凝縮されたコクのあるスープが絡んでとっても美味しい。

滞在が短かったので食べることができたベトナムの麺料理はこのふたつでした。
ベトナム国外ではベトナムの麺というとやはりフォーがポピュラーですよね。でも実はフォーだけではなくベトナムの麺は、麺の種類も調理法もバラエティに富んでいて本当に多種多様なんです。

ベトナムを訪れた際は、ぜひいろんな麺料理を試してみてくださいね♪


ホイアンで人気のハーバルドリンク

シンチャオ! サイゴンノオトのぴょんこです。
日本は少しずつ秋めいて参りましたね。
温かいお茶やスープが段々恋しくなる季節です。

ほぼ一年中、暑くて湿度の高いベトナム南部や中部では、ベトナムライムを絞って
水やソーダで割り、お砂糖を入れたNuoc ChanhやSoda Chanhが大人気。
お茶やコーヒー、ビールなど選択肢はたくさんありますが、ついつい飲みたくなる
爽やかドリンクです。

ホイアンを訪れた時、旧市街でたまたま通りかかったお店にこんなにかわいい看板が出ていて、思わず足をとめました。


手書き文字の看板の前には大きなざるが置かれ、ハーバルレモネードの材料であるレモングラス、八角、シナモン、生姜、ベトナムライムなどが盛られたお皿が並んでいます。

テイクアウトで買われるお客さんが多いようでしたが、ホイアンの名物麺カオラウも店内でいただけると知り、両方頼んでみました。


お店の名前が印刷された紙コップに、たくさんの氷と緑の葉(ライムの木の葉かしら。聞いてみたらよかったですね)、蓮の花びら、竹のストローで、胸キュンのかわいさです。
ひと口飲めば、ほどよい酸味とほのかな甘み、ハーブの清涼感がお口の中に広がり、とってもおいしい!蒸し暑さでほてった身体を冷やしてくれるような、爽やかな飲み物でした。

 


ホイアン市内にカオラウを食べさせてくれるお店はたくさんあるのですが、このお店のカオラウもとてもおいしかった。生野菜とごま&ピーナッツ入りの濃厚味噌だれが相性抜群でした。

 


いろいろなベトナムらしい雑貨が並べられていて、にぎやかで楽しい雰囲気の店内。
お店を切り盛りするお母さんを手伝って、大学生くらいの息子さん2人がビジュアル担当ともいうべく、看板やディスプレイにセンスを発揮されているようでした。

ホイアンの街歩きの魅力は、こんなお店に出合えることにあるのかもしれません。

Mót Hội An 〈モッホイアン〉- Trà thảo mộc & Sả chanh
150 Trần Phú, Phường Minh An, Hội An, Quảng Nam, Viet Nam


台湾の中秋節はザボンの季節

シンチャオ! サイゴンノオトのわん吉@台北です。

 

今週末は中秋の名月。
名月を愛でるこの時期、台湾でも店先にきれいな箱入りの月餅が現れます。

ベトナムでもこの時期は月餅一色。
中華系の多いシンガポールでもタイでも月餅の贈り合いが盛んに行われます。

 

まさにアジアでは月餅合戦が繰り広げられるこの時期、台湾では贈り合うものがもうひとつあると知りました。
それは、ザボン。

 

 

大家さんから「中秋節のごあいさつのものを明日届けますよ」と連絡があり、「なにかなぁ」と楽しみにしていたところ、いただいたのがこのザボンでした。ナチュラルシェイプでかしこまらないところがおおらかな台湾風。置いてみると仲良しカップルのようでかわいいです。

ザボンは中国語では「柚子」と書いて、「ゆず」とは読まず「ヨウツ」といいます。余談ですが、こんな風に日本と台湾では同じ字でも意味の違うことがしばしばあっておもしろいなぁと思います。

 

さて翌日、中国語の先生から、台湾では中秋節といえば、①名月を愛でる ②月餅を食べる ③柚子(ザボン)を食べる ④焼肉を食べる、と教わりました。

①はわかる。
②もわかる。
③は今回知りました。
④はなぜ?
答えはこちら→30年ほど前に台湾の醤油メーカーがテレビCMで「中秋節にはみんなで焼肉をやろう!我が社のタレを使ってね」と大キャンペーンを行ったそうです。月餅とザボンに飽き気味だった台湾のみなさんがそれで焼肉に飛びついたとか。以来、中秋節には焼肉、というのがみなさんの頭に刷り込まれたようです。今年もあちこちのスーパーで中秋節向け焼肉セットが販売されていました。

 

話は戻りまして、ザボン。大家さんにザボンをいただき、中国語の先生から話を聞いたわん吉、それまで気にしていなかったザボンのことが気になってきました。市場エリアに行ってみると、なるほどザボンがいっぱい。

 

 

「甜文旦(甘いブンタン=ザボン)3粒50元!」

 

「麻豆文旦(台南市麻豆地区のブンタンは有名!)1斤39元!」 「斤」は台湾の重さを表す単位で1斤=600gです。

 

贈答用の箱に入ったザボンたち。華々しい🌟

 

派手な色の箱でおめでたい感じです🌟 ザボンの季節ですが、他の果物も盛りだくさん。台湾はまさに果物天国です。

 

たくさんのザボンが出回るこの時期は、どの家庭でも家はザボンがいっぱいなのだそうです。でもザボンは外側がシワシワになった頃の方が甘くいただけるとのこと。しばらく置いてみずみずしさがなくなってきても、中の果肉は熟しているのだ。そう思うとむしろ楽しみになります。

 

大家さんにいただいたザボン。ひとついただきましたが、思うほど酸味はなくて美味しかったです。
もうひとつはただいまシワシワ促進中。もう少し甘みを育てて楽しみにいただきたいと思っています♪

 

それではみなさん、名月を愛でる素敵な中秋節をお過ごしください♪


Page 2 of 97 «1 2 3 4 5 ... 97 »
増田さんのベトナムレストラン日記 エミさんのつぶやき 小林さんの屋上菜園 ワァンさんダイアリー 大ちゃんのチョートイビア!
Restaurant
池袋 優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス池袋
池袋東武SPICE 12F
赤坂優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス赤坂
港区赤坂2-13-1 ルーセント赤坂 2F
有楽町 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン有楽町
有楽町イトシアB1F
新宿 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン新宿
カワノアネックス 6・7F
北千住 フォーを食べよう!
フォーハノイ
ルミネ北千住店8F
Fast Food
フォーフォー  六本木ヒルズノースタワーB1F オリジナルフォーを楽しもう!
フォーフォー
六本木ヒルズノースタワーB1F
バインミーバインミー 東京ドーム場内 グルメストリート いつでもバインミーとフォーを!
バインミーバインミー
東京ドーム場内 グルメストリート
Sister Store
フォーハノイセカンド浜松板屋町 ベトナミーズダイニング
フォーハノイセカンド
静岡県浜松市中区板屋町104-1 D'sTower 1F
↑PageTop