サイゴンノオト

まさにお菓子の楽園。台中市の宮原眼科

シンチャオ! サイゴンノオトのわん吉@台北です。

 

台中は台湾で3番目に大きな都市。
台北から新幹線に乗って1時間ちょっとで行けるこの街には台湾菓子の名店が多い、とわん吉は密かに思っております。
というのもデパートなどで目にするおいしそうなお菓子や、いただきものでおいしかったお菓子のお店の本店がけっこうな割合で台中市にあるからです。

 

そんな密かな思いを胸に秘め、台中へ行ってまいりました。
目指すは「宮原眼科」!

じつは眼科ではありません。
今や世界中からお客さんが訪れる、話題のお菓子屋さんなのです。

 

 

一歩足を踏み入れるや否や、まるでお菓子のお城。ハリーポッターに登場しそうなお菓子ワールドです。

 

 

天井の高い3階建て。壁一面に本棚があり、まるで図書館のようでもあります。1階はお菓子屋さん、2階はレストラン&カフェ、3階はお手洗いと展示コーナーでした。

 

見上げれば、美しい採光天井!

 

 

お店で販売されているのはきれいなお菓子たちです。どれもパッケージデザインが美しくて、包みを開けてそのパッケージをほどくことに勇気が要るものばかり。

 

エントランス近くに並んでいるお菓子「茶花花餅」。手前の白い種類は、和菓子の桃山のような印象の美しくて美味しい一品です。

 

チョコレートのコーナーは「宮原巧克力」ブランド。ナッツの種類やカカオ配合度が異なるチョコレートクッキーがずらり。いただいてみるとカカオの香りがしっかりと立ち、美味しい!

 

月の満ち欠けをクッキーにしてしまった中華圏ならではの発想のお菓子。これもきっと美味しいに違いない!

 

台湾茶も販売しています。この箱もまたきれいです。

 

宮原眼科のアートセンスに度肝を抜かれていたわん吉。

 

わぁ、リボンもきれいだなぁと見とれていると、すぐそばでリボンのセットが販売されていました。これもまた美しい🌟

 

ところで、お菓子屋さんなのになぜ「宮原眼科」なのでしょう?
この建物が建てられたのは1927年。今から90年以上も昔のことです。当時、台湾は日本の統治下にあり、たくさんの日本人が暮らしていました。

建物を建てたのは宮原武熊さんという日本人の眼科の先生。当時は宮原眼科として市内で一番大きな眼科医院だったそうです。
戦後、日本人が台湾から引き揚げた後は台中市衛生院として利用されていましたが、年月も経ち、近年は大地震や台風の被害を受けて損傷が激しかったとか。それを地元菓子メーカーの日出グループが買い取って改築したそうです。
レンガや木材など当時の資材を鉄骨などで補強して、外壁の赤レンガやアーケードも再現、現在の立派な姿によみがえりました。

 

 

歴史的建造物をこうして復元、維持していく努力、すばらしいなと感じます。

 

さて、2階にはレストラン&カフェの「酔月楼」があります。ビロードのソファチェアが並ぶここはさらに優雅な雰囲気。天井の木材のハリは当時のものかなと思います。今の建築にうまく取り込まれていてかっこいい。その下でお客さんたちは名物のアフタヌーンティーやアイスクリームを楽しんでいます。

 

素敵なユニフォームのお姉さんがアフタヌーンティーを運んできてくれました。チーズケーキとチョコレートとパイナップルケーキのセット🌟
ちなみにこの建物を再現したお菓子メーカーの「日出」グループはパイナップルケーキの名店だそうです。

 

有名なアイスクリームパフェ。日本の旗つき♪ 香りも味もしっかりして美味しく、食べきれないほどのボリュームです。

 

お腹もいっぱいになり、両手はお土産袋でふさがり、名残り惜しみながら宮原眼科を後にしました。
台北を訪れたお菓子好きのみなさん、ぜひ台中の宮原眼科まで足を伸ばして見てくださいね🌟

 

宮原眼科
Facebookはこちら
台中市中區中山路20號
Open : 10:00~22:00


満月の日のお供え

シンチャオ! サイゴンノオトのぴょんこです。

ベトナムで街を歩いていると、店先や民家の軒先にごちそうがならんだテーブルを見かけることがあります。
ホイアンを訪れたこの日も、すごいごちそうを見かけました。

 

川岸に置かれたテーブルに、二人の男性がごちそうや飲み物、紙製の冥器を並べています。
冥器とは、故人に捧げてお供えし、やがて燃やして供養するためのもので、
紙幣や衣装、馬を模ったものから、最近人気のものではスマホやバイク、ベンツや大きな家などを模ったものがあります。
彼岸の世界に行っても、ご先祖さまが困らないようにと、遺族が用意をされるのですね。

 


お花も飾って、とても豪華ですね。
山盛りのさまざまなごちそうは、祖先を弔い、豊穣を祈るためのものだそうです。
今日はスーパームーンが見られるという満月の日です。
旧暦に沿って暮らすベトナムの人たちは、月の満ち欠けを見ながら、
菜食の日を過ごしたり、ごちそうを供えたりという風習を守ってきたのだそうです。

 


川岸に停泊中の船のうえにも、お供えのごちそうが並んでいます。
船でお仲間に食事を届けにきたものと思っていたら、船上のお供えでした。

 


そしてこちらは街中のレストランの店先に並んだ冥器とごちそうです。

 


色とりどりの紙の馬には、旗や鞍なども装備されています。

 


歩道に置かれたごちそうは、果物や芋類、魚の姿揚げや揚げ春巻き、スープから麺料理までとフルコースです。

 


ほかのテーブルの上にも、衣装とおぼしき冥器や菊の花、そして山のように盛りつけた肉料理などが見られます。
このあとしばらくしてからまたこのお店の前を通りかかると、お店のスタッフとおぼしき男性が鉢に火を焚いて冥器を燃やしていました。

 


この日、残念ながら満月は見えませんでしたが、ランタンの灯りがとてもきれいでした。

 


川面に映った色とりどりの光が揺れて、とても幻想的。

一大観光地であるホイアンは、年間を通して海外からたくさんの方が訪れますが、
その土地の人々の暮らしは変わらずに、静かに守られていてほしいなあと、美しい夜景を見ながら思いました。

 


フレッシュなレモングラスを使って

シンチャオ!サイゴンノオトのとら太です。


フレッシュなレモングラスが手に入ったので、ホーチミンで習ったベトナム料理を作ってみました!

 


まずはレモングラスを細かく細かくみじん切りに。
地味で地道な作業ですが、とら太はこの作業が大好き。
なぜならキッチンがレモングラスの香りに包まれて癒されるんです♪

小さな赤わけぎもみじん切りに。
赤わけぎはアジア料理にはかかせない食材です。
日本のスーパーで手に入る紫玉ねぎと似ているけれど、風味やパンチが全く違うんですよ。

 


みじん切りにしたレモングラスと赤わけぎとヌクマムを豚バラ肉にもみ込み、ひと晩置いて揚げたら出来上がり☆
カリッとクリスピーな食感の豚肉を、野菜で巻いていただきます。
レモングラスの風味でさっぱりとした味わいの、ベトナムの家庭料理です。

 


ヌクマムはホーチミンで買ったものを使いました。
ベトナムのスーパーに行くとずらりといろんな瓶に入ったヌクマムが並んでいますが、料理教室の先生オススメは濃度が40のもの。

 


ベトナムでヌクマムをお土産に買う時には濃度をチェックしてみてくださいね。
40より濃度の濃いものだと香りもコクもきつすぎてしまい、逆に濃度の記載のないものは混ぜ物が多く何が入っているか分からないのだそうですよ~。

 
日本では手に入れにくいと思っていた食材も、アジア食材専門店に行けば気軽に手に入れることが分かったので・・これから教わったベトナム料理をイロイロと作ってみようと思います♪


Page 4 of 97 «1 2 3 4 5 6 7 ... 97 »
増田さんのベトナムレストラン日記 エミさんのつぶやき 小林さんの屋上菜園 ワァンさんダイアリー 大ちゃんのチョートイビア!
Restaurant
池袋 優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス池袋
池袋東武SPICE 12F
赤坂優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス赤坂
港区赤坂2-13-1 ルーセント赤坂 2F
有楽町 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン有楽町
有楽町イトシアB1F
新宿 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン新宿
カワノアネックス 6・7F
北千住 フォーを食べよう!
フォーハノイ
ルミネ北千住店8F
Fast Food
フォーフォー  六本木ヒルズノースタワーB1F オリジナルフォーを楽しもう!
フォーフォー
六本木ヒルズノースタワーB1F
バインミーバインミー 東京ドーム場内 グルメストリート いつでもバインミーとフォーを!
バインミーバインミー
東京ドーム場内 グルメストリート
Sister Store
フォーハノイセカンド浜松板屋町 ベトナミーズダイニング
フォーハノイセカンド
静岡県浜松市中区板屋町104-1 D'sTower 1F
↑PageTop