サイゴンノオト

麺天国のタイで麺道中🌟

シンチャオ! サイゴンノオトのわん吉@バンコクです。

今回は麺の話題をひとつ♪

さて、ベトナムも麺天国ですが、タイも麺天国です。もちろん、日本も麺天国ですね!

日本では、そばもいろいろ、うどんもいろいろ、ラーメンだって豚骨や味噌や中華風などいろいろあるように、タイの麺もいろいろあります。

麺でいえば、細い米麺、太い米麺、緑豆春雨、たまご麺など。スープでいえば、魚出汁の透明スープ、牛出汁や豚出汁の茶色いスープ、腐乳入りの赤いスープなど。具材でいえば、茹で肉や煮込み肉や自家製つみれや臓物などなど。

日本でも、「出汁がいける」とか「ちぢれ麺のコシがいい感じ」とか「トッピングのチャーシューが巨大」とか、それぞれの麺屋さんに特筆すべき点がありますが、タイの麺屋さんも同じ。「煮込んだあひる肉が絶品」とか「手作りつみれの歯ごたえがたまらない」とか「豚の血入りスープのコクがたまらない」とか「めちゃくちゃ安い」とか「ボリューム満点」とか、それはもう千差万別です。

そうした評判の一杯をいただくには、たいていレストランではなくて、食堂または屋台へ行きます。しかもお客さんで賑わっているところ。

庶民の麺食堂はクーラーもなく、扇風機が回っているところが多いです。壁にはタイ語のメニューが書かれていることもありますが、ぐるぐる文字なので読めないのが残念(読めたとしてもすごく時間がかかります)。

 

ちょっと郊外に行くと昭和風な懐かしい感じの食堂も。

 

 

さて、店に入ります。店先にはたいてい、調理をとり仕切るおじちゃんやおばちゃんたちの職人的手さばきと真剣な表情。その前を「ちょっとすみません」と通って席につきます。

 

すると店員さんが来てわん吉の席の横に立ち、目線や態度で聞いてきます「注文は何ですか?」と。この瞬間はやはり緊張します💦

「えっと、えっと、麺は細い米麺で、えっとえっと、トッピングはあのーあのー」ともごもごすることもしばしば、どうしたらいいかわからないときは「おいしいやつください」と丸投げすることもしばしば。まぁなかなかうまくはいきません。

今日もあひる肉がおいしいという麺食堂で、店員さんに「おいしいのは薄切りの茹で肉とワンタン入り。あと煮込んだもも肉もおいしいよ」と言われ、「どうしよう、どうしようかなぁ」と迷っていると、「じゃ、全部入れたら?」と言われ、「はい、じゃそれで」と答えたわん吉。

 

運ばれてきたどんぶりはあひるの肉のオンパレードでした。麺はたまご麺。具に比べると麺はずいぶん少なかったなぁ。

 

そして結果は、おいしかったです♪ フライドチキンのようなアヒルのもも肉がしっかり煮込まれて柔らかいこと。久々に昼から肉でポンポコリンになりました。

スープは八角や五香粉とおそらくアヒルの肉をじっくり煮込んだもの。以外とあっさりとしてこれも美味でした。

 

せっかくですから、他の麺もざっくりご紹介しましょう。

 

出汁の効いた透明スープに、細い米麺、魚のつみれいろいろ。タイの麺といえばこのイメージです。これにナンプラー、酢、砂糖、唐辛子を自分好みで味付けしていただきます。

 

ちょっとギトギトしいですが、トムヤムスープに麺が入ったもの。酸っぱくて辛い、タイならではの味。辛いものがちょっと苦手なわん吉でもここのトムヤム味は大丈夫でした。

 

牛肉と牛骨をじっくり煮込んだスープと、細い米麺と、ビーフシチュー並みに柔らかい牛肉トッピング。この店はほんのり甘いしょうゆ味風で見た目よりあっさりです。

 

タイのみなさんが大好きという、豚の血入りスープ麺。極細米麺がよくからみます。茹で豚トッピング。

 

そして紅腐乳の色でピンクになっているスープ麺。見た目に驚いてしまって長い間食べられませんでしたが、食べてみたらおいしい♪ 酸っぱくてちょい辛です。

 

バリエーション豊かなタイの麺たち。食堂の店員さんが近寄ってきたらスムースに注文できるように、わん吉これからも麺精進を重ねてまいります!

折々にタイの麺あれこれについてご紹介していきますので、楽しみにしていてくださいね🌟

 


ベトナムのお菓子

シンチャオ! サイゴンノオトのとら太です。

夏休みに一時帰国していたホーチミン在住の友人と会った時に、こんなお土産をもらいました。


バインミーラスクです。
今年の初めまでとら太がホーチミンに住んでいた頃には見たことがなく、調べてみたら6月に発売になったようです。

 


フレーバーは、コーヒー、マンゴー、ココナッツ、フォー、パクチー、ペッパーの6種類。
ベトナムらしいラインナップですね。

食べてみると・・香りも味わいも優しく上品!
フォーはほのかにシナモンの香るフォーの出汁の味が再現されてます。
パクチー、ペッパーは甘さと辛さのバランスがよくお酒にも合いそう♡
マンゴーは香りがきつすぎるということもなく、コーヒー、ココナッツは間違いのない美味しさ。

さくさくと軽い食感であっという間に食べてしまいました~。

 


パッケージもかわいいので、ホーチミン土産の定番として定着するかもしれません?!

 

ベトナムのお菓子繋がりでとら太の好きなお菓子をご紹介!

 


まずいちばん好きなのが「Bánh đậu xanh」という、緑豆の粉を固めた落雁のようなお菓子。
ほろほろと口の中で崩れる食感が印象的で、緑豆の素朴な味わいが美味しいのです。
以前からベトナム土産として食べる機会が多かったこちらのお菓子、とら太はホーチミンに住み始めてから食べ比べをしたことがありました。いろんなメーカーのものや、お茶屋さんが販売しているものまで数種類を食べ比べた結果・・・

 


おすすめはこちら!

ベトナム語表記はどれがメーカー名で・・とか分からないので目印は「1999年全国展覧会金賞」と書かれている黄色い箱のもの。
しっとりクリーミィーで、口の中で崩れてなめらかに溶けていく食感が秀逸。
とら太は冷蔵庫でキンキンに冷やして食べるのが好きです。
大抵どこのスーパーでも売ってます。

 


こちらもスーパーで売っているお菓子「Bánh Ngò」。
緑色の葉っぱはなんとパクチー!
パクチー好きとしては非常に興味をそそられるお菓子です。
パッケージにはĐặc Sản Huếと書かれていて直訳すると「フエの特産品」。
ベトナム中部フエの伝統菓子なのだそうです。

 


薄い生地を折り重ねた中に塩気とコクのあるピーナッツペースト。どこか懐かしい素朴な美味しさ♪パクチーの主張は強くなく、かすか~にアクセントになってるくらいでした。

パクチー好きの友人へのお土産には面白いかも?

 


そしてこちらはピーナツバターを固めたような落花生のお菓子。飴でコーティングされています。 台湾などでもよくあるお菓子ですね。ベトナムではテト(旧正月)に食べるお菓子なのだそうです。サクサクホロホロの食感が美味。

こちらはスーパーでは見かけたことがなく、市場で買ってました。

 


素朴で優しい味わいのベトナムのお菓子たち。
機会があればぜひお試しあれ!


路線バスに乗って

シンチャオ☆サイゴンノオトのことりんです。
今日は私がベトナムでほぼ毎日乗っていた路線バスのお話をさせて頂きます。

私が通学や買い物によく利用していた路線バス。

2010年にホーチミンに到着してほどなく愛用するようになりましたが
日本語を勉強しているベトナム人女子に路線バスヘビーユーザーであることを話したら
『日本人の女の人でバスに乗る人は初めてです!!強いですね…。』
と、かなり驚かれました。

確かに、当時は日本人女性、というか外国人女性をあまり見かけませんでした。
乗り降りの際も停車せず徐行運転だったり
椅子や床がボロボロだったりするのだけれど
ほとんどのバスが冷房付きだし、当時は料金一律3000ドン(約15円)だし
ちょっとした移動には、まぁこんなものかと快適に利用していました。

それに、タクシーでは味わえない面白さがあるのも魅力♪

年長者を敬うベトナムでは、立っているお年寄りがいると必ず若者が席を譲ります。
小さい子供も大好きなので、妊婦さんや赤ちゃん連れのお母さんが乗り込むと
これまたすぐに、若者がささっと席を立つ。
良い光景だなぁ、いつまでも続いて欲しいなぁとしみじみ。

また混雑している車内で私が立っていた時
大学生くらいの女の子がニコニコしながら自分のひざを指さしていました。
何を意図しているのか、初めは分かりませんでしたが
どうやら「私の膝に座っていいよ」という意味らしい。

仲良さげに膝に座っている女の子達を何度も見かけて、お友達同士と思っていたけれど
見ず知らずの人達って場合もあったのね!!
さすがに遠慮してると、今度は自分の体を窓側に寄せて
空いたスペースに座るように勧められました。
折角なので合席させて頂き、片言のベトナム語でおしゃべりを楽しんだのも良い思い出です。

そして日本では絶対にお目にかかれないレアキャラも、たま~に登場するのです。

バス停で乗りこんできたお姉さん。
空席があるのに座らないなと思っていると、、、始まりました☆
片手にニンジン、片手に皮むき機(のようなもの)を持って
流れるようなベトナム語で話し始めます

そう、実演販売!!
少し見ずらいですが、ニンジンを持っている腕にはビニール袋がかけられていて
むいた皮がちゃんとそこに入るようになっています。

ヨーロッパの地下鉄でアコーディオン片手に乗りこんでくる
おじさんは見たことがあったけど
実演販売はベトナム以外で見たことがありません。

初めて見た時からずっと思っていたのですが
その手つき・立ち振る舞い・言葉遣い(ベトナム語なので意味は分からないけれど)
往年の(?)TVCMでおなじみ『ジャパ〇ットタ〇タ』そのものなのです

お姉さんがニンジンを取りだしたその瞬間から、私の頭の中はエンドレスで
『ジャパ〇ット ジャーパ〇ット~ 夢のジャパ〇ットタ〇タ~』

今日は寝るまでジャパ〇ットだろうなぁと薄ら笑いしてしまう私にお構いなく
路線バスは元気に進むのでした。


Page 4 of 91 «1 2 3 4 5 6 7 ... 91 »
増田さんのベトナムレストラン日記 エミさんのつぶやき 小林さんの屋上菜園 ワァンさんダイアリー 大ちゃんのチョートイビア! P4 アンバサダー2017
Restaurant
池袋 優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス池袋
池袋東武SPICE 12F
赤坂優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス赤坂
港区赤坂2-13-1 ルーセント赤坂 2F
有楽町 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン有楽町
有楽町イトシアB1F
新宿 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン新宿
カワノアネックス 6・7F
北千住 フォーを食べよう!
フォーハノイ
ルミネ北千住店8F
Fast Food
フォーフォー  六本木ヒルズノースタワーB1F オリジナルフォーを楽しもう!
フォーフォー
六本木ヒルズノースタワーB1F
バインミーバインミー 渋谷 東急フードショー店 大人のためのプレミアムなファストフード
バインミーバインミー
渋谷東急フードショーB1F
Sister Store
フォーハノイセカンド浜松板屋町 ベトナミーズダイニング
フォーハノイセカンド
静岡県浜松市中区板屋町104-1 D'sTower 1F
↑PageTop