サイゴンノオト

バンコクの中華街ヤワラート

シンチャオ! サイゴンノオトのわん吉です。

世界中にあるチャイナタウン。サンフランシスコ、パリ、横浜、メルボルンなど、どの国のどの大都市にあってもチャイナタウンは同じ匂いと活気をまとっています。ここに行けば麺とお粥が食べられる!旅先で、滞在先で、胃を休めるために足を運ぶ人も多いのではないでしょうか。

さて、バンコクはというと、ヤワラートと呼ばれるチャイナタウンがあります。期待を裏切らずもちろんエネルギッシュな街。活気あふれるこのエリアはバンコクの観光名所としても人気です。

 

まずは象徴的な景色を一枚! 夜のきらびやかなネオンはヤワラートのシンボルです。

 

18世紀末、現王朝の初代ラーマ1世がバンコクに遷都したときに、タイと中国の貿易に携わっていた華人たちも一緒に移り住んで始まったというヤワラート。200年以上の時を経るうちに中国各地からいろいろな人がどんどんやってきて、街は発展してきました。移り住んだ華人とタイ人との同化も進み、今では中国をルーツに持たないタイ人を探すのは難しいほど、とも言われています。

確かにヤワラートは中華を感じながらもタイも感じる場所。同じアジアでみなさんの顔つきも似ているからかもしれません。でも見上げれば赤と金の色の飾り物が目につくところはやっぱり中華圏。そしてわん吉はなんとなーく懐かしい気持ちになりました。ハノイの街角、ホイアンの裏道を思い出したのです。

 

裏道にあった小さなお寺。ホイアンかと思いました。その前で麺をすするおばちゃんたち。
 

 

ハノイにありそうなお茶屋さん。奥では、おじさんたちが楽しそうにおしゃべりしています。
 

 

ベトナムのビール食堂のビアホイ? いや、ここはバンコク。そしてみなさんお茶を飲んでいました。
 

 

あれあれ、ここはタイなのか、ベトナムなのか。だんだんわからなくなってきました。。。

 

しかし、目の前に現れたトゥクトゥク。そうだ、ここはタイだ!
 

 

ところで、チャイナタウンといえば共通項は「胃袋」。食べ物を売る店も食堂も屋台もいっぱい、食べる人もいっぱいです。

 

カニ、カニ、カニ🌟
 

 

燕の巣だ🌟
 

 

路上で食べる🌟もりもり食べる🌟
 

 

そして季節はドリアン🌟おばちゃんが味見させてくれました。今季初のドリアン、香ばしくておいしかったです!
 

 

夜も更けてきて、またまた懐かしい光景。
結婚式用の写真を街中で撮る、ベトナムでよく見かけたワンシーンです。カメラマンの要求に応えてアツアツぶりを演じるカップル。
 

 

あれあれ、はたまた、ここはベトナムなのか、タイなのか。。。

 

すると目に入ったトゥクトゥクたち。
 

 

そう、やっぱりここはバンコク🌟
 
ヤワラートは夕暮れ時に訪れて、変わりゆく空の色を楽しみながら夜のネオンを仰ぎ、美味しいものを食べるのが醍醐味です。バンコクを訪れた際はぜひ足を伸ばしてみてくださいね🌟
 

 

バンコクのチャイナタウン・ヤワラート(タイ国政府観光庁ウェブサイト)


サイゴン川のある風景

シンチャオ! サイゴンノオトのとら太です。

まだ6月だというのに関東地方では梅雨が明けましたね。
すこーんと抜けるような青空や色鮮やかな夕焼けが見られるようになりました。

先日、ピンク色に染まった夕方の空を見ながら、ホーチミンでの住まいの窓から見た景色を懐かしく思い出してました。

とら太が住んでいたのはサイゴン川の川沿いに建つマンション。
古い建物でしたが眺めが抜群だったのです。


タワーマンションのそばに広がるのどかな田園風景。
昔からある変わらないものと新しいものが混在しているところに、ホーチミンらしさを感じます。

 


山羊のお散歩が見られることも☆

 


一斉に咲き始める蓮畑の花に、常夏のホーチミンだけど微妙な季節の移り変わりを感じることもありました。

 


よく見かけた土を運ぶ船。
どこのくらいの重さの土を運んでいるのでしょうか。
船体がぎりぎりまで沈んでますね。
ゆっくりゆっくりと進んで行きます。

 


帰りはすいすい。土を下ろして空っぽになった船体です。

 


こちらは土を運んでる途中トラブルに見舞われた様子。
2日間同じ場所に止まったまま。

 


この後どうするのか気になっていたのですが、3日目、なんと土を川に流してました!

 


美しい夕焼けに見入ることも。

 


航跡に空の色が反射してとてもきれいでした。

 

サイゴン川は、ホーチミン市内をくねくねと蛇行し南下している川です。


水上住宅の残るエリアもあります。

 


川沿いには高級ホテルやマンション、雰囲気のいいオープンカフェが立ち並ぶエリアも。川の水は決して綺麗とは言えないけれど、川辺にいるとなぜか心地よい刺激を受けて心が癒される気がしませんか?風の心地よい季節にホーチミンを訪れたら、サイゴン川を眺めながらクラフトビールやベトナムコーヒーとともにゆるりと過ごすのも特別な時間になりそうです。

 


花がいっぱい

シンチャオ! サイゴンノオトのぴょんこです。

日本は、今、紫陽花がきれいですね!
季節によってさまざまな花が楽しめる日本の暮らしはいいなあと思う一方で、
時々、ベトナムで見かけた花の景色を思い出します。

ブーゲンビリア、蓮、アデニウム、アンスリウム、ねむの花、さるすべり、ノウゼンカズラ、コーヒーの花、バナナの花、ナンバンサイカチ、カエンジュ…。
旅先や出かけた先で見惚れるばかりで、どんな時期に咲くのか、どんな種類なのかはあまり覚えられませんでしたが、
南国らしい明るくはっきりした色彩の花にハッとしたことが、数えきれないくらいありました。


ベトナム中部ホイアンのホテルのブーゲンビリア。オープンなロビーの屋根を覆って咲いていました。

 


ホイアンの黄色い塀に映えるハイビスカス。

 


こちらも、ホイアンで見かけたボトルブラシ。ボトルを洗うブラシそのままのネーミングが面白いですよね!
キンポウジュともいうそうです。
こんな風に、柳の木のように風になびく姿は、めったに見かけなかったのでとりわけ目に焼き付いています。

 


こちらは、ホウガンノキ。砲丸の木です。錆びた大砲にそっくりな実がなることから、「Cannonball tree」と呼ばれ、和名もそのまま訳されたものだそうです。
ホーチミンの立派な邸宅の門の前に植えられた木ですが、幹には電光飾りが巻かれていますね。夜には、ライトアップしているのかもしれません。


そのホウガンノキの花は、何とも迫力のある色合いです。ベトナム語では、麒麟とか龍の頭と言う言葉で、呼ばれているそうです。

 


ベトナム中部の高原ダラットで見かけた花は、とても可憐な花。


多分、シャリンバイ(車輪梅)と呼ばれるバラ科の花なのではないかと思いますが…。
白とピンクの花が、かわいいです。つぼみもとってもかわいいです。

 


デュランタという、熱帯の花木だそうです。こちらも、ダラットで見かけた可憐な花です。
薄紫の花と、黄色い実との組み合わせが、印象的でした。

 


ベトナム北部の町、サパで出会ったランタナ。日本でも時々見かけますが、花の色を徐々に変化させながら咲くので「七変化」と呼ばれているのだとか。

 


そしてこちらは、コーヒーの花。くちなしのような甘い香りがします。
白い花が連なったように咲き、その後に出来た実が、赤く熟してコーヒー豆となるのです。
調べたら、コーヒーの花の開花はたった2日だけなのだとか。
知らずして、貴重な花を見られたダラットのコーヒー畑。
いつかもう一度訪ねてみたい、素敵な展望カフェもありました。

まだまだたくさんのベトナムの花々があります。また今度、ご紹介したいです。


Page 4 of 89 «1 2 3 4 5 6 7 ... 89 »
増田さんのベトナムレストラン日記 エミさんのつぶやき 小林さんの屋上菜園 ワァンさんダイアリー 大ちゃんのチョートイビア! P4 アンバサダー2017
Restaurant
池袋 優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス池袋
池袋東武SPICE 12F
赤坂優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス赤坂
港区赤坂2-13-1 ルーセント赤坂 2F
有楽町 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン有楽町
有楽町イトシアB1F
新宿 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン新宿
カワノアネックス 6・7F
北千住 フォーを食べよう!
フォーハノイ
ルミネ北千住店8F
Fast Food
フォーフォー  六本木ヒルズノースタワーB1F オリジナルフォーを楽しもう!
フォーフォー
六本木ヒルズノースタワーB1F
バインミーバインミー 渋谷 東急フードショー店 大人のためのプレミアムなファストフード
バインミーバインミー
渋谷東急フードショーB1F
Sister Store
フォーハノイセカンド浜松板屋町 ベトナミーズダイニング
フォーハノイセカンド
静岡県浜松市中区板屋町104-1 D'sTower 1F
↑PageTop