サイゴンノオト

テトの風景

Chúc mừng năm mới!あけましておめでとうございます。サイゴンノオトのぴょんこです。

テトですね。皆さまもすばらしい新年をお迎えのことと思います。

先月、ベトナムのホーチミンとホイアンを訪ねた折に、あちこちでテトの飾りを目にしました。
テトがもうじきやってくるのだなと、私も嬉しくなって、テト間近の街を歩きました。

商業ビルの壁や正面口には、亥年(豚年)を祝うネオンや飾り物がありました。
前回のことりんのコラムにもありましたが、ベトナムでは豚年なのです。

 

人気のチョコレート店 Maison Marou Saigon(マルゥ)にもチョコレートで形づくられた、かわいい豚のカップルが飾られていました。

二匹ともMarouのチョコレートを手にしています。

 

そしてベトナム中部の港町ホイアンの老舗レストランには、大きな金柑の木とお正月名物の展示飾りがありました。

たくさんの金柑の実。ベトナムでは、金柑の実は子どもの象徴で、子孫繁栄を願うのだそうです。と同時に、黄色い実がたわわになることをお金に見立て、商売繁盛の意味もあるのだとか。
とにかくおめでたい木なのですが、さらに赤い紙包み(お年玉袋です)を下げて一層華やかです。

テトの花である黄梅、紅梅、桃が飾られた卓子の下には、スイカやバインチュン、天秤棒などが並びます。
写真にはありませんが、バインチュンを煮る大きなお鍋も工作されていました。
壁に並んでいるのは月餅の抜き型ですね!
眺めていたら、お店のスタッフさんが一つひとつ丁寧に教えてくれました。

 

そしてこちらは、ダナン空港のカフェの窓ガラスに描かれたかわいいイラストです。

家族揃って、バインチュンを煮るお鍋を見守っていますね。
昔はこうして年末に家族で大きなお鍋を囲んで、バインチュンの出来上がりを待ちながら、夜更けまでおしゃべりを楽しんだそうです。
ベトナムの人々にとって、テトの楽しい原風景なのかもしれません。

 

さて、毎年華やかなテト飾りを見に人々が集まるホーチミンのグエンフエ通りはどんな様子でしょうか?
私が訪れた1月22日(テトの2週間前)は、まだこのように土台の準備が始まったところのようでした。

どこからか土が運ばれて山が出来ています。

緑色の台座が組まれていくようですね。
ベトナムでは、何もない道路や駐車場に土や植物を運びこみ、庭園を造ったり家を建てたり、本格的にテトの飾り物を作るのです。
ものづくりがお得意な、だけどのんびりとした仕事ぶりの、準備の人たちの様子を見るのは、毎年のお楽しみでした。
アスファルトの道路に池が出現した時などは、驚きましたよ!

 

これは、ホーチミンの雑貨屋さんで、お店のスタッフの女性が作りかけていたテトの花飾り。
一つひとつ作っていくうちに、テトが近づいてくるのですね。

今年もよい一年になりますように。
皆さまのご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

 


今年は何年??

シンチャオ! サイゴンノオトのことりんです。

可愛らしい猪のイラストの入った年賀状を受け取った方も多いと思いますが
実はベトナムでは今年(旧正月がまだ明けていないので、ベトナムではまだ来年ですが)
「猪年」ではなく、「豚年」なんです。

日本もベトナムも、中国の影響を多く受けている国同士で共通点も多く、十二支もその一つ。
ただ、日本では子供でも知っている十二支
「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」
のうち、ベトナムでは3つが違った動物に!

 

まずは冒頭でお話ししたイノシシ➡ブタ。
こちらは中国もそうなので、ご存じの方も多いかもしれませんね。

次に、ウサギ➡ネコ。
私がサイゴンで経験した初の旧正月が猫年。
招き猫ならぬ、巨大な黄金の猫の飾りが旧正月前後には街のあちこちに。


本場中国は日本と同じウサギ年なので、ベトナムに来る間に耳が縮んだんでしょうか?!
日本でお馴染みの「ネズミに騙された猫は十二支に入れてもらえず
それ以来、猫はネズミを追いかけるようになった」というお話は
ベトナムでは通用しなさそうです。

そして最後に、ヒツジ➡ヤギ。
私はベトナム観光時にガイドさんから
「ヒツジは暑すぎてベトナムでは育たないのでヤギになったんですよ」
と解説頂き、なるほど!と深く納得しました。
諸説あるようですが、ヒツジよりヤギの方が馴染み深い動物であることは確かなようです。

 

 

旧正月は1年で最もお祭りムードが高まる時期で
街は「お金に似て縁起が良い」とされる黄色を中心にカラフルな飾りでいっぱいになります。
ホーチミンのドンコイ通り。

ハノイの旧市街はこんな風にライトアップされています


ホアンキエム湖の周りは、この時期カップルでいっぱい!

 

日本では年賀状と年齢を遠回しに聞く時(?!)くらいしか
気にかけない干支ですが、ベトナム人は干支のパワーをかなり強く信じており
草食動物同士のカップル(ネズミ年とネコ年など)の結婚式には
肉食系の年(トラ年など)の人を呼ばないといった習慣もあるそうです。

極めつけは、2012年のタツ年。
タツ年は十二支の中でもパワーのある良い年と信じられていますが
2012年は数十年に一度の当たり年で、非常に縁起の良い年と言われていました。
この年に子供を!と願う夫婦が多く、街中で多くの妊婦さんをみかけたほか
旧正月前に「絶対に、このタツ年に出産する!」ということで
駆け込み帝王切開をする妊婦さんも多かったそうです。

それを聞いた時は「へぇ~!!!」と驚いたけれど
日本でも丙午(ひのえうま)の年は出生児数がガクンと下がってますし
日本とベトナム、やっぱりご近所さんなのね…と思い返しました。

 

ちなみに「実がお金に似ていて縁起が良い」ということで
旧正月にはこちらの木が玄関先に飾られます。

季節感の少ないホーチミンですが
バイクに木を括り付けて走る姿を見ると「あぁ、もうすぐ旧正月だな」
と感じていた、ことりんです。


ベトナムの灯り

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

ベトナムに住んでいた頃、日本への一時帰国やほかの国への旅行からベトナムに帰ってくると、
飛行機の窓から見える街の灯りに懐かしさを覚えることがよくありました。
ベトナムに愛着が湧き、第二の故郷のような気持ちになっていたのだと思いますが、
オレンジ色の、明るすぎない光が揺れている夜景は、あたたかくてホッとする景色でした。

皆さんは、どんな灯りが好きですか?
今回は、ぴょんこが出合ったお気に入りの“ベトナムの灯りの景色”をご紹介しますね。

まずは、ホーチミンのカフェの灯りです。


古いアパートの中にあるカフェは、インテリアも照明もおしゃれでした。
真昼のホーチミンはギラギラの太陽なので、室内はほの明るいくらいが落ち着きますね。

 


ホーチミン2区の雑貨店カフェは、ベトナム中部の古い家屋を移築したという素敵な佇まい。
繊細な透かし彫りが施された欄間や木戸から光が漏れて、雰囲気のある空間です。

 


夕暮れ時に前を通りかかった、花屋カフェ。お休みの日だったらしく、中には入れませんでしたが、
「明かりの灯っている」という言い回しがぴったりくるようなお店でした。
床にライトがぼんやりと反射しているのもよいですね!

 

そして次は「ランタン」で有名な、ベトナム中部のホイアンの街の景色です。


ホイアンの街では、夜になるとこのようにランタンを売る出店が並びます。

 


少し離れて見ると、幻想的ですね。

 


ホイアンの街では、川沿いに並ぶカフェやレストランの灯りも印象的でした。

 


ホイアンならではの黄色い壁に、オレンジ色のランタンが灯ります。

 


ホテルの庭で見かけた、祭壇の灯り。
大きな樹のくぼみに祀られていた祭壇には、夜の間も絶やすことなく火が灯されているようでした。
漆黒の闇に浮かぶ灯りは、いつまでも鮮烈に記憶に残っていることでしょう。

冬の夜は、明かりがふうわりと灯っているだけであたたかみを感じますね。
皆さんもあたたかな冬の日をお過ごしください。

 


Page 5 of 95 «1 2 3 4 5 6 7 8 ... 95 »
増田さんのベトナムレストラン日記 エミさんのつぶやき 小林さんの屋上菜園 ワァンさんダイアリー 大ちゃんのチョートイビア!
Restaurant
池袋 優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス池袋
池袋東武SPICE 12F
赤坂優雅なベトナムシーフード
ロータスパレス赤坂
港区赤坂2-13-1 ルーセント赤坂 2F
有楽町 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン有楽町
有楽町イトシアB1F
新宿 バインセオを食べよう!
バインセオサイゴン新宿
カワノアネックス 6・7F
北千住 フォーを食べよう!
フォーハノイ
ルミネ北千住店8F
Fast Food
フォーフォー  六本木ヒルズノースタワーB1F オリジナルフォーを楽しもう!
フォーフォー
六本木ヒルズノースタワーB1F
バインミーバインミー 東京ドーム場内 グルメストリート いつでもバインミーとフォーを!
バインミーバインミー
東京ドーム場内 グルメストリート
Sister Store
フォーハノイセカンド浜松板屋町 ベトナミーズダイニング
フォーハノイセカンド
静岡県浜松市中区板屋町104-1 D'sTower 1F
↑PageTop